ニホングリ在来品種「奴」の易渋皮剥皮性は「ぽろたん」と同様に劣性主働遺伝子支配である

タイトル ニホングリ在来品種「奴」の易渋皮剥皮性は「ぽろたん」と同様に劣性主働遺伝子支配である
担当機関 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
研究課題名
研究期間 2004~2018
研究担当者 髙田教臣
山田昌彦
西尾聡悟
加藤秀憲
澤村豊
佐藤明彦
尾上典之
齋藤寿広
発行年度 2018
要約 ニホングリ在来品種「奴(やっこ)」は「ぽろたん」と同程度の易渋皮剥皮性を有しており、「ぽろたん」と同一遺伝子座の劣性主働遺伝子に支配される。その易剥皮性遺伝子は「ぽろたん」と異なるか、古い共通祖先に由来すると考えられる。
キーワード ニホングリ、渋皮剥皮性、HOP法、「ぽろたん」
背景・ねらい 従来、ニホングリは渋皮がむきにくい種であるとされているが、新品種「ぽろたん」および「ぽろすけ」はニホングリでありながら、鬼皮に傷を入れて加熱すると渋皮がむきやすいという画期的な特長を持っており、この形質は劣性の主働遺伝子によって支配されていることが明らかとなっている。易渋皮剥皮性品種育成に利用可能な品種・系統は、この遺伝子を持つ「ぽろたん」およびその血縁関係に限られており、これらを用いた交雑を続けることで近交弱勢が生じることが危惧される。そこで、本研究では易渋皮剥皮性の品種育成に利用可能な育種素材を探索するとともに、育種素材の遺伝様式を明らかにすることを目的とする。
成果の内容・特徴
  1. ニホングリ在来51品種、8野生個体および「ぽろたん」を供試し、鬼皮を除去した後に190℃の食用油中で2分間浸漬して加熱処理し(HOP法)、果実の表面積全体のうち表面を傷付けることなく剥皮された部分が占める割合を渋皮剥皮率(%)として評価する。在来品種「奴」は「ぽろたん」と同程度の易渋皮剥皮性を示す(図1)。
  2. 「丹沢」×「奴」の後代実生集団における渋皮剥皮性の難易の分離は、「奴」の易渋皮剥皮性が同一の遺伝子座によって支配されていると仮定した場合の分離比(1:1)から有意に異ならない。また、「丹沢」×「奴」の後代実生集団の各個体の渋皮剥皮性の難易は、既存の易渋皮剥皮性に連鎖するSSRマーカーで識別できる(図2)。
  3. 「ぽろたん」×「奴」の後代実生集団を用いた、「奴」および「ぽろたん」の渋皮剥皮性遺伝子近傍におけるハプロタイプの比較解析によると、「奴」のハプロタイプ構造は「ぽろたん」と一部は一致するものの、大部分は異なる。このことから、「奴」の易渋皮剥皮性遺伝子は「ぽろたん」とは異なるか、古い共通祖先に由来すると考えられる。後者の場合、遺伝子近傍で複数回の組み換えが生じる必要があることから、その共通祖先は非常に古いものであると考えられる(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 「奴」の易渋皮剥皮性は「ぽろたん」と同様、劣性の主働遺伝子に支配され、既存のSSRマーカーで剥皮の難易の識別が可能であることから、本品種は易渋皮剥皮性クリ育種に利用可能である。
  2. 「奴」は「ぽろたん」と家系が異なり、遺伝的構造が異なることから、今後の易渋皮剥皮性育種における近交弱勢の回避に寄与する素材となることが期待できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010029919
カテゴリ 育種 くり 新品種 品種

この記事は