口蹄疫ウイルス感染動物とワクチン投与動物を識別できる市販キットの評価

タイトル 口蹄疫ウイルス感染動物とワクチン投与動物を識別できる市販キットの評価
担当機関 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
研究課題名
研究期間 2013~2017
研究担当者 深井克彦
西達也
嶋田伸明
森岡一樹
山田学
吉田和生
山川睦
発行年度 2018
要約 口蹄疫ウイルス感染動物とワクチン投与動物を識別できる市販キットは、国際獣疫事務局が唯一認定しているキットと同様の特異度および感度を示す。
キーワード 感染、抗体、口蹄疫、ワクチン
背景・ねらい 口蹄疫が清浄国で発生した際、防疫対策として緊急ワクチンを投与する場合がある。緊急投与に用いるワクチンはウイルスの非構造蛋白質を含まないため、ワクチン投与動物ではそれに対する抗体が産生されない。一方、ウイルス感染動物では非構造蛋白質に対する抗体が産生される。この原理を利用して、非構造蛋白質に対する抗体を指標に、ウイルス感染動物とワクチン投与動物の識別が可能であり、そのための識別キットが市販されており、世界各国で容易に入手・使用することが可能である。
国際獣疫事務局(OIE)が公式に認定している識別キットはブラジルの汎アメリカ口蹄疫センターが生産および販売する識別キットのみであるが、当該キットは南米諸国を対象に販売されているため、その他の地域の国々が入手することは困難である。
そこで本研究では、世界中で入手が可能な市販識別キットの特異度や感度を、OIEが認定する識別キットと比較することを目的とする。
成果の内容・特徴
  1. 健康牛およびワクチン投与牛に対する市販識別キットおよびOIE認定識別キットの特異度(非感染動物を陰性と判定する割合)は、市販識別キットが98.9~99.0%、OIE認定識別キットが99.5~100%であり、同程度に高い(表1)。
  2. ワクチン非投与ウイルス感染牛に対する市販識別キットおよびOIE認定識別キットの感度(感染動物を陽性と判定する割合)は、ウイルス感染後0~6日後では7.1および0%、7~15日後では94.1および50.0%、15日以降では共に100%であり、市販識別キットの方がOIE認定識別キットよりも高い(表2)。
  3. ワクチン投与ウイルス感染牛に対する市販識別キットおよびOIE認定識別キットの感度(感染動物を陽性と判定する割合)は、ウイルス感染後0~6日後では24.5および0%、7~15日後では96.4および46.4%、15日以降では共に100%であり、市販識別キットの方がOIE認定識別キットよりも高い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 世界各国で入手可能な市販識別キットはOIE認定識別キットと同程度の特異度およびそれ以上の感度を有し、口蹄疫の発生後、緊急ワクチンを使用した際の血清サーベイランスに利用出来る可能性がある。
  2. 非構造蛋白質に対する抗体は構造蛋白質に対する抗体に比べ、口蹄疫ウイルスに感染後検出されるまでに時間がかかる場合があるため、結果判定には注意を要する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010029752
カテゴリ

この記事は