オオバのシソサビダニおよびシソモザイク病防除マニュアル

タイトル オオバのシソサビダニおよびシソモザイク病防除マニュアル
担当機関 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター
研究課題名
研究期間 2011~2017
研究担当者 久保田健嗣
宇杉富雄
千秋祐也
冨高保弘
津田新哉
広瀬拓也
森田泰彰
島本文子
清遠亜沙子
岡田知之
下元祥史
沖友香
下元満喜
中平知芳
下八川裕司
久家工人
横山克郎
山本正志
谷岡賀子
市川耕治
鈴木良地
田中はるか
天野淳二
松本祐保
恒川健太
武山桂子
堀川英則
伊藤涼太郎
大橋博子
後藤英世
若月洋
山崎修一
姫野和洋
田中啓二郎
松本翔太
上遠野冨士夫
多々良明夫
鍵和田聡
発行年度 2018
要約 オオバ(青シソ)生産で大きな問題となるシソモザイク病と、その媒介虫シソサビダニに対して、これら病害虫の発生生態等に基づき、収益性を確保しつつ被害を大幅に抑制できる総合防除体系を解説するマニュアルである。
キーワード シソサビダニ、シソモザイクウイルス、耕種的防除、薬剤防除、防除マニュアル
背景・ねらい オオバの施設栽培では、シソモザイクウイルス(Perilla mosaic virus, PMoV)によるモザイク病と、その媒介虫であるシソサビダニ(Shevtchenkella sp.)によるさび症の発生が大きな問題となる。これらは2010年に発見された病害虫であるがその生態は未解明であり、有効な防除手段がない。そこで、これらの生態を解明し、耕種的防除および薬剤防除を組み合わせた総合防除体系を開発するとともに、分かりやすく解説するマニュアルを作成・公開する。
成果の内容・特徴
  1. オオバのモザイク病と媒介虫のシソサビダニの発生生態と総合防除体系を解説するマニュアルであり、農研機構ウェブサイト上で公開している(図1)。
  2. モザイク病の発病リスクが高い時期は7~11月である。シソサビダニは野外のシソで4~6月に確認されはじめ、8~10月に盛期を迎える(図2)。シソサビダニは風にのって飛翔、分散し、栽培施設の側窓等の開口部から侵入するため、モザイク病の発生は風上側の側窓付近で始まり、内部に拡大する(マニュアル参照)。
  3. 耕種的防除:施設周辺に生えるシソ類(青シソ、赤シソ、エゴマ)は、シソサビダニおよびモザイク病の増殖、伝染源となるため、除去が極めて有効である。防虫網の展張はシソサビダニの侵入抑制効果がある(表1)。施設内で発生したモザイク病発病株は株ごと抜き取りが望ましいが、収量減が気になる場合は発病枝のみの除去でもよい。
  4. 薬剤防除:「しそ」のシソサビダニに対する農薬として新たに、レピメクチン乳剤、エマメクチン安息香酸塩乳剤、ルフェヌロン乳剤、キノキサリン系水和剤、ピリダベン水和剤が登録され、利用できる(2019年4月1日現在)。これらの剤の使用時期(収穫前日数)を考慮して作成された防除歴に基づき、育苗期、定植~収穫開始期、および収穫期間中に適した薬剤を処理する(マニュアル参照)。
  5. 耕種的防除と薬剤防除を組み合わせた本防除体系による栽培は、シソサビダニの防除を行わない慣行栽培と比較して約90%の防除効果を示す(図3)。10aあたり、本防除体系に要する資材費は約6万円であり、モザイク病による減収率がおよそ1%(20~30kg)以上の圃場では増益となり、多発圃場では20~30万円の増収が見込まれる。
成果の活用面・留意点
  1. 普及対象:オオバ・エゴマ生産者、栽培地域の普及センターおよびJA指導者等
  2. 普及予定地域・普及予定面積・普及台数等:オオバの主要産地である愛知県、大分県、高知県および茨城県(計185ha)
  3. その他:高知、愛知、大分各県の作型に適合した防除マニュアルが公開されている。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010029697
カテゴリ 育苗 えごま 害虫 栽培技術 施設栽培 しそ 農薬 防除 薬剤

この記事は