ニホンナシ「あきづき」および「王秋」の果肉障害対策マニュアル

タイトル ニホンナシ「あきづき」および「王秋」の果肉障害対策マニュアル
担当機関 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
研究課題名
研究期間 2013~2018
研究担当者 三谷宣仁
羽山裕子
山根崇嘉
井上博道
草塲新之助
島田智人
前島秀明
柴崎茜
片野敏夫
井戸亮史
山本匡将
池田隆政
平本恵
宮田良二
北村光康
岩谷章生
藤丸治
加久るみ子
発行年度 2018
要約 ニホンナシ「あきづき」および「王秋」で発生するコルク状果肉障害および水浸状果肉障害について、発生要因や対策技術を解説し、生産現場で果肉障害の発生を低減させるために活用する技術マニュアルである。
キーワード ニホンナシ、果肉障害、窒素肥料、エテホン
背景・ねらい 農研機構の育成したニホンナシ「あきづき」および「王秋」は食味と外観が良好なため普及が進んでいるが、コルク状果肉障害や水浸状果肉障害の発生が問題となっており、果肉障害発生要因の解明や対策技術の開発が望まれている。そこで「あきづき」および「王秋」の果肉障害対策技術について、これまでの研究の成果をとりまとめ、マニュアルとして公表する。
成果の内容・特徴
  1. 本マニュアルは、ニホンナシ「あきづき」および「王秋」で発生する果肉障害の発生要因および果肉障害軽減対策技術について分かりやすく解説したものである(図1)。
  2. 「あきづき」の施肥量と果肉障害の関係を調べたところ、増肥区(N44kg/10a)ではコルク状障害の発生が多くなり、無窒素区(N0kg/10a)では水浸状障害の発生が多くなる(図2)。したがって、コルク状障害が多く発生する圃場では窒素施用量を削減し、水浸状障害が発生する圃場では、糖度に影響しない時期の追肥によって窒素を切らさない対策が有効である。
  3. コルク状果肉障害は熟期が遅くなることが発生を助長する要因であると考えられる(2016年度研究成果情報)が、エテホン散布によって熟期を促進することでコルク状果肉障害の発生を軽減できる(2017年度普及成果情報)。
  4. 果実が大きいこともコルク状果肉障害発生の要因と考えられる(2016年度研究成果情報)。「王秋」では側枝1mあたり4果程度の着果量で大玉を生産するのではなく、側枝1mあたり6~8果程度にするのが望ましい(図3)。
  5. 「あきづき」で予備摘果が遅れるとコルク状果肉障害の発生が多くなるため、予備摘果を早期(満開15日後ごろ)に行うのがよい(図4)。
  6. マニュアルに示した長期的対策(土壌の物理性・化学性の改善)を着実に実施し、その上で上記2~5などの中期(着果数調節、新梢管理など)・短期的対策(エテホン散布、樹上散水など)を適宜複数組み合わせることで果肉障害の発生の低減を図ることが望ましい。
成果の活用面・留意点
  1. 普及対象:ニホンナシ生産者
  2. 普及予定地域・普及予定面積・普及台数等:「あきづき」の生産地域(栽培面積375ha)および「王秋」の生産地域(同27ha)(27年産特産果樹生産動態等調査)のうち、果肉障害の発生が問題となっている地域で本マニュアルを活用可能である。
  3. マニュアル冊子体は配布済み。農研機構ホームページからダウンロードできる(https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/130289.html)。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010029695
カテゴリ 果肉障害 施肥 日本なし 良食味

この記事は