「フクユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「フクユタカA1号」

タイトル 「フクユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「フクユタカA1号」
担当機関 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
研究課題名
研究期間 2001~2017
研究担当者 南條洋平
高橋浩司
山田哲也
平田香里
山田直弘
大木信彦
松永亮一
小巻克巳
船附秀行
高橋幹
羽鹿牧太
発行年度 2017
要約 「フクユタカA1号」は、関東南部から九州地域の主力品種「フクユタカ」に難裂莢性を導入した品種で、成熟期・品質などの特性はほぼ同じである。成熟しても裂莢しにくいので、収穫ロスが少なく、実質的に多収となる。
キーワード ダイズ、難裂莢性、フクユタカ、DNAマーカー
背景・ねらい 関東南部から九州地域にかけて広い範囲で作付けされている「フクユタカ」は、裂莢しやすく、刈り遅れが生じた際には自然裂莢の多発やコンバイン収穫時のロスにより大幅な収量低下が生じる。作期競合等で刈り遅れが生じやすい大規模生産農家では本来期待される収量より大幅に低い収量しか得られないケースが少なくない。
そこで「フクユタカ」に難裂莢性を付与して自然脱粒と収穫時脱粒を合わせた脱粒損失を低減できる品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「フクユタカA1号」は、難裂莢性を備えた「ハヤヒカリ」の難裂莢性を「フクユタカ」に導入しDNAマーカーで選抜しながら5回連続戻し交配して得られた品種である。
  2. 成熟期や粒大などの生育・品質特性は「フクユタカ」とほぼ同じで、子実の形態もほぼ同じで区別はほとんどつかない(表1)。
  3. 裂莢性は難であり、成熟後の自然裂莢や室内での加熱試験による裂莢は「フクユタカ」に比べて明らかに少なく(図1)、実際の圃場でのコンバイン収穫においても収穫ロスが減少し、刈遅れが生じた場合には、実質的な収量が最大40%向上する(図2)。
  4. 実需者による豆腐・納豆・油揚の加工試験2か年の結果において、「フクユタカ」と同一グループとして扱えるとの評価が得られている(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 普及対象:大豆生産者、大豆加工事業者
  2. 普及予定地域・普及予定面積:栽培適地は関東南部から九州地域の平坦地。愛知県で奨励品種に採用(2017年10月27日)され、「フクユタカ」を全面的に置き換え予定である(普及見込み面積:4,500ha)。普及にあたっては品種群設定を行って「フクユタカ」銘柄で流通する予定。
  3. その他:莢がはじけにくいが、ほ場での長期の放置は品質低下を招くので、可能な限り適期収穫を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010029485
カテゴリ 加工 新品種 大豆 DNAマーカー 品種

この記事は