紫斑点病抵抗性のソルガム細胞質雄性不稔系統「JNK-MS-7A」および維持系統「JNK-MS-7B」

タイトル 紫斑点病抵抗性のソルガム細胞質雄性不稔系統「JNK-MS-7A」および維持系統「JNK-MS-7B」
担当機関 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 1996~2017
研究担当者 高井智之
我有満
桂真昭
山下浩
上床修弘
波多野哲也
松岡誠
荒川明
木村貴志
松岡秀道
春日重光
原拓夫
海内裕和
後藤和美
宮坂幸弘
発行年度 2017
要約 「JNK-MS-7A」および「JNK-MS-7B」は、それぞれ、早生の細胞質雄性不稔系統および維持系統である。紫斑点病抵抗性遺伝子(ds1)を持ち、一代雑種品種「ナツサカエ」の種子親系統として利用できる。
キーワード ソルガム、細胞質雄性不稔系統、維持系統、紫斑点病抵抗性、飼料作物育種
背景・ねらい ソルガムの栽培品種は、細胞質雄性不稔系統を種子親とし、自殖系統を花粉親とする一代雑種(F1)が主流であり、優良F1品種の育成には優秀な親系統が不可欠である。ソルガムでは、一代雑種の諸特性が優れる細胞質雄性不稔系統および維持系統の育成を行っており、その一環として紫斑点病抵抗性遺伝子を持つ種子親系統を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 維持系統「JNK-MS-7B」は、高消化性品種「葉月」等の種子親である「那系MS-3B」にスーダングラス自殖系統「Greenleaf」を交配して、選抜・自殖を繰り返して育成した(図1)。細胞質雄性不稔系統「JNK-MS-7A」は「那系MS-3A」に「JNK-MS-7B」を連続戻し交配して育成した。
  2. 初期草丈は、「那系MS-3A/B」および「JNK-MS-6A/B」より高い(表1)。
  3. 出穂期は、早生の「那系MS-3A」および「那系MS-3B」とほぼ同一日である。早晩性は"早生"に属する。稈長は約1.4mの"子実型"、穂長は24cm前後、稈径は約12.5mm、茎は"汁性"である(表1)。
  4. 紫斑点病抵抗性は"強"で、大きな病斑は認められない(表1、図2)。
  5. 本系統を種子親とする「ナツサカエ」は早生のスーダン型ソルガムで、出穂期刈り収穫における1番草および2番草の乾物収量は、それぞれ、「峰風」比で110%および120%と多収で、年間乾物収量は1580kg/10aである(表2)。「ナツサカエ」の紫斑点病抵抗性は"強"で、大きな病斑は認められない。
成果の活用面・留意点
  1. スーダン型ソルガム一代雑種「ナツサカエ」の種子親として利用できる。
  2. 紫斑点病抵抗性を有しているため、新たな一代雑種の種子親系統として利用できる。
  3. 慣行の播種時期で播種する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010029186
カテゴリ 育種 飼料作物 ソルガム 抵抗性 抵抗性遺伝子 播種 品種

この記事は