アルファルファ品種「ウシモスキー」のチモシー混播時における適正播種量

タイトル アルファルファ品種「ウシモスキー」のチモシー混播時における適正播種量
担当機関 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 2014~2016
研究担当者 廣井清貞
奥村健治
佐藤広子
牧野司
安達美江子
竹田芳彦
発行年度 2016
要約 アルファルファ品種「ウシモスキー」をチモシーと混播する場合、0.3 kg/10aで他のアルファルファ品種の標準播種量が0.5kg/10aの場合と同程度の合計乾物収量とマメ科率が確保できることから、播種量を4割減じることができる。
キーワード アルファルファ、混播、播種量、マメ科率、チモシー
背景・ねらい アルファルファはタンパク含量が多く高栄養のマメ科牧草であり、北海道におけるアルファルファ栽培面積は、2000年の約8千haから現在では約5万haへと急増している。北海道ではイネ科牧草とマメ科牧草の混播栽培が一般的であるが、主要なイネ科牧草であるチモシーとアルファルファの組合せで混播栽培した場合、アルファルファの競合力が強いため、チモシーを抑圧する傾向がある。アルファルファの安定栽培のため、耐倒伏性の改善と病害抵抗性に強く多収な「ウシモスキー」を育成したが、生育特性が改善されたこともあり、主要流通品種の「ハルワカバ」をはじめとしたこれまでの品種よりもチモシーに対する競合力が強くなっているため、混播栽培時の適正播種量を明らかにすることが求められている。
成果の内容・特徴
  1. チモシーとアルファルファの合計乾物収量は、網走内陸部(ホクレン、訓子府町)では「ハルワカバ」の0.5kg/10a播種区(標準区)と「ウシモスキー」の0.5kg/10a播種区、0.3 kg/10a播種区は同程度であり、根釧(根釧農試、中標津町)では0.5kg/10a播種区、0.3 kg/10a播種区とも標準区比106と多収である。「ウシモスキー」の0.15 kg/10a播種区では標準区より1割程度低い(表1)。
  2. マメ科率は網走内陸部、根釧とも「ウシモスキー」0.5kg/10a播種区で標準区よりも高く、「ウシモスキー」0.3 kg/10a播種区と標準区はほぼ同程度である。「ウシモスキー」0.15 kg/10a播種区では標準区より低い(図1)。
  3. チモシーとの混播栽培の際には、現在標準とされる「ハルワカバ」0.5kg/10aと同等の乾物収量とマメ科率を保つには「ウシモスキー」の播種量は0.3kg/10aで十分であるため、播種量を4割減じることができる。
成果の活用面・留意点
  1. 本試験の成果はチモシーとの混播栽培が主体である道東地域を代表する2ヶ所での春播種での成績である。
  2. 北海道草地の基幹草種であるチモシーとの混播栽培において、適正なマメ科率と安定した収量の維持が可能になる。
  3. 本成果を品種普及のために活用する。「ウシモスキー」の品種特性は(多収でそばかす病に強く、耐倒伏性に優れるアルファルファ品種「ウシモスキー」)を参照のこと。
  4. 「ウシモスキー」の種子は2017年度よりホクレンから市販される。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028853
カテゴリ アルファルファ そば 播種 品種 病害抵抗性

この記事は