ネギの発現遺伝子配列を活用したDNAマーカー

タイトル ネギの発現遺伝子配列を活用したDNAマーカー
担当機関 (国)農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2011~2015
研究担当者 塚崎光
谷口成紀
佐藤修正
平川英樹
片寄裕一
金森裕之
伊藤剛
福岡浩之
山下謙一郎
執行正義
若生忠幸
発行年度 2015
要約 次世代型DNAシーケンサーを用いて取得したネギの5.5万の独立遺伝子配列には、2,000以上のSSRが含まれるとともに、系統間の配列比較からDNA多型を検出することにより効率的にDNAマーカーを作成できる。
キーワード ネギ、発現遺伝子、DNAマーカー
背景・ねらい ネギおよびタマネギはわが国で重要な野菜である。しかし、ゲノム情報の蓄積が乏しく、育種における効率的選抜技術の開発が遅れている。これまで、ネギゲノムDNAより単離した多数のSSRマーカーを用いて連鎖地図を作成してきた(Tsukazakiら2008,2008年普及成果情報)が飽和連鎖地図には至っていない。また、ゲノムDNA由来のSSRマーカーにはネギと同属のタマネギで利用できるものが少なく、両種のゲノム比較等のためには、発現遺伝子領域をターゲットとしたネギ類共通マーカーの開発が必要である。そこで、次世代型DNAシーケンサーを活用して複数のネギ系統から発現遺伝子配列を取得し、それらの系統間多型を利用して汎用性のあるDNAマーカーを開発する。
成果の内容・特徴
  1. ロシュ社454 GS FLXシーケンサーを用いて得たネギ遺伝資源「北葱」自殖系統の135万のRNA断片配列、ならびにイルミナ社HiSeq 2000シーケンサーを用いて得たネギ3系統のRNA断片配列を統合・解析すると、54,903個の独立な遺伝子配列(ユニジーン)が推定される(表1)。これらの配列の解読結果の指標であるN50(得られた個々の配列の塩基数を大きい順に加算し、総塩基数の50%に達した際の塩基数)は1,109bpである。
  2. これらの配列の10,668個は、公開またはかずさDNA研究所が独自に取得したタマネギ発現遺伝子配列(14,838個)と仮想的にオルソロガスな関係(同祖関係)であると推定される(データ省略)。
  3. このユニジーンセットには2,396のSSR(単純反復配列)が含まれており、そのコア配列の組成はネギゲノムDNAより単離したSSR(gSSR)の組成と大きく異なる(表2)。また、任意に設計した395マーカーのネギ8系統における平均アリル数は2.37である(表3)。
  4. ネギ「下仁田」自殖系統(F)および「赤ひげ」自殖系統(A)から取得した配列の比較により検出されるSNP(一塩基多型)やInDel(挿入欠失)領域を増幅させる特異的プライマーを設計することで、F-A分離集団において効率的に多型マーカーが得られる(図1、表3)。
成果の活用面・留意点
  1. ネギユニジーンセットは塩基配列データベースDDBJから公開している(FX553726-608587, 657476-657516)。
  2. タマネギEST配列と同祖関係にあるユニジーンを用いることで、ネギ類共通マーカーとしてタマネギとのゲノム比較等に利用できる。
  3. これらのDNAマーカー等を用いて構築された連鎖地図情報は、野菜DNAデータベース(VegMarks,http://vegmarks.nivot.affrc.go.jp/VegMarks/jsp/index.jsp)で公開している。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028501
カテゴリ 育種 遺伝資源 たまねぎ DNAマーカー データベース ねぎ

この記事は