早生で多収の極良食味水稲新品種「つきあかり」

タイトル 早生で多収の極良食味水稲新品種「つきあかり」
担当機関 (国)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 2005~2015
研究担当者 笹原英樹
前田英郎
松下景
長岡一朗
山口誠之
三浦清之
重宗明子
後藤明俊
発行年度 2015
要約 「つきあかり」は、極めて食味が優れる水稲粳品種である。収量性に優れ、炊飯米の外観が良いため、弁当等の用途への利用が期待される。寒冷地南部では早生に分類され、中生の主力品種「コシヒカリ」との作期分散が可能である。
キーワード イネ、早生、多収、極良食味、作期分散
背景・ねらい 現在、主食用米の3割が外食・中食産業で消費されており、外食での店内炊飯や中食での弁当等に適する米の開発が求められている。また、農業法人等の大規模化とともに移植時期・収穫時期を広く分散できる品種に対する要望が高まっていた。これらの要望に応えるため、「コシヒカリ」より早生で、収量性が高く、炊飯米の外観が良い極良食味品種「つきあかり」を育成した。
成果の内容・特徴
  1. 「つきあかり」は、早生の極良食味品種の育成を目的として、宮崎県の在来品種「かばしこ(ジーンバンクJP10698)」を母とし、「北陸200号(後の「みずほの輝き」)」を父としたF1に「北陸208号」を交配した後代から育成された品種である。
  2. 出穂期、成熟期は「あきたこまち」より1日程遅く、育成地では"早生"に属する。稈長は「あきたこまち」より10cmほど短く、穂数は「あきたこまち」より少ない。耐倒伏性は"やや強"である(表1)。
  3. 収量性は「あきたこまち」に優り、標肥で9%ほど多収となる(表1)。玄米千粒重は「あきたこまち」より2g程度大きい。玄米品質は、背基白は少ないが腹白が出やすく、標肥では「あきたこまち」と同程度の"中中"である(表1)。
  4. いもち病真性抵抗性遺伝子はPii, Pikで、葉いもち、穂いもち圃場抵抗性はいずれも"中"である。白葉枯病抵抗性は"やや弱"、縞葉枯病に対しては"罹病性"、障害型耐冷性は"やや強"、穂発芽性は"難"である(表1)。
  5. 食味は、外観、うま味に優れ、総合評価は明らかに「あきたこまち」に優り、「コシヒカリ」よりも優る(表1)。日本穀物検定協会の食味官能試験(表2)では、「コシヒカリ」より外観、味の評価に優れ、総合評価も高い。また、4時間保温後の評価においても「つきあかり」は「コシヒカリ」よりも食味に優れ、外食での店内炊飯や中食での弁当用として適している。
  6. 各県の奨励品種決定調査では、食味総合評価値は基準品種(0.0)以上の値を示す場合が多く、極めて食味に優れる(図1)。また、収量も対照品種(100%)に対して多収の事例が多い(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 出穂特性からみた栽培適地は東北中南部、北陸および関東以西である。新潟県内の米穀集荷業者が取り扱いを希望しており、数十haの実用栽培が見込まれている。
  2. 腹白が出やすいため、過剰な穂肥、早期の落水および刈り遅れは避ける。
  3. 縞葉枯病に罹病性であるため、常発地での栽培では防除を徹底する。
  4. 施肥が過剰になると倒伏しやすくなり、食味も低下するため、地力に応じた施肥を心がける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028435
カテゴリ いもち病 縞葉枯病 新品種 水稲 施肥 大規模化 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種 防除 良食味

この記事は