キャベツの出荷予測による産地間リレー出荷策定支援アプリケーション

タイトル キャベツの出荷予測による産地間リレー出荷策定支援アプリケーション
担当機関 (国)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 2011~2015
研究担当者 菅原幸治
岡田邦彦
発行年度 2015
要約 キャベツの生育モデルとメッシュ農業気象データによるシミュレーションにより、予め設定した複数の地域での出荷予測が可能である。キャベツのリレー出荷が想定される複数産地を組み合わせて、長期出荷するための作付計画策定に活用できる。
キーワード キャベツ、産地間連携、リレー出荷、作付計画、シミュレーション
背景・ねらい 加工原料用キャベツ生産において実需者と長期間の契約取引を行うために、出荷時期が異なる産地間で連携する必要がある。契約栽培では出荷時期・数量から逆算して作付計画を立てる必要があるが、複数の地域にまたがる産地間リレー出荷では容易なことではない。そこで、キャベツの契約栽培を前提に産地内の出荷調整や産地間連携を支援するため、生育モデルとメッシュ農業気象データによる生育シミュレーションで出荷予測を行うアプリケーションを開発する。さらに、複数地域を対象に定植期別の出荷シミュレーションを行うことで、産地間連携のための長期出荷計画策定支援アプリケーションを開発する。
成果の内容・特徴
  1. キャベツの生育モデルとオンライン気象データに基づいて圃場別に生育予測を行い、それらを集計して出荷団体における週別出荷数量を予測するアプリケーション(以下、出荷予測アプリ、図略)と、生育モデルと平年値気象データに基づいて複数の地域別に生育予測を行い、それらを集計した複数地域における週別出荷数量のシミュレーションにより、契約期間を通して平準的にリレー出荷が可能な作付計画策定を支援するアプリケーション(以下、策定支援アプリ、図1)からなる。
  2. 両アプリとも生育モデルとして「葉齢増加モデル」を用いている(図2)。このモデルは地域や時季が異なっても適合性が高く、同一のパラメータ値が適用できる品種が多い。このモデルを用いて定植日から日々の葉齢を求め、収穫期の目安の葉齢に到達する作付圃場の数量(定植株数×良品割合)を週別に集計し、週別出荷数量を予測する。
  3. アプリはオンラインの気象データとして「メッシュ農業気象データ」(2012年度研究成果情報)に対応しており、リレー出荷を新たに行う産地間リレー全国任意の地域(1kmメッシュ座標)を指定すれば平年値や予報値を含む気象データ(日平均気温)を取得し、生育モデルを実行して収穫日を予測することができる(図略)。
  4. 策定支援アプリは、あらかじめ設定した複数の地域について、定植期と定植面積、良品割合を入力すると、収穫可能期間とその間の週別収穫量を推定できる。複数地域の合計を見ながら、各地点の定植期と定植面積を調整することで、産地間リレーにより長期安定出荷が見込める各産地での作付計画を統合的に策定できる(図3)。
成果の活用面・留意点 普及対象:主に宮城県内のキャベツ産地の普及センター、全農みやぎ、JA等
普及予定地域・普及予定面積・普及台数等:宮城県を中心に全国のキャベツ産地において、自治体、JA、農業生産法人等、十数団体への普及を予定。
その他:出荷予測アプリ、策定支援アプリや、出荷シミュレーションを行うためのマニュアルは、普及センター、JA、生産者には求めに応じて無償配布する。アプリ(xlsmファイル)は、Microsoft Excel バージョン2003以降がインストールされ、インターネットに接続可能なパソコンで動作する。使用方法は、http://cse.naro.affrc.go.jp/sugak/yasai/ 参照。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028382
カテゴリ 加工 キャベツ 栽培技術 出荷調整 生育予測 品種

この記事は