シカとカモシカの糞をすばやく識別

タイトル シカとカモシカの糞をすばやく識別
担当機関 (国)森林総合研究所
研究課題名
研究期間
研究担当者 相川 拓也
堀野 眞一
市原 優
発行年度 2016
要約 シカの生息状況を精確に把握するため、シカとカモシカの糞を簡単かつ迅速に識別する方法を開発しました。糞の表面に付着しているDNAを利用して、両者の糞をすばやく識別します。
背景・ねらい シカとカモシカの糞を簡単かつ迅速に識別する手法を開発しました。糞の表面に付着している両種のDNAを検出することにより識別する方法です。このDNA識別法では、専門的な技術や機器を一切必要とせず、また、短時間で識別できることから、これまでDNAの操作を行ったことがない、より現場に近い人でも容易に扱うことができます。この糞識別法を利用することで、シカとカモシカが混在する地域においても、シカの生息状況が精確に把握できるようになります。
成果の内容・特徴 シカ生息調査におけるこれまでの問題点
近年、シカ(図1)は東北地方北部にも出没するようになり、農業や林業における被害の拡大が懸念されています。シカの分布や生息密度を把握する手法のひとつに、糞の数を調査する方法があります。ところが、シカの糞はカモシカの糞とよく似ており見た目では区別がつかないため、東北地方のようにカモシカが多く生息している地域では、糞の数だけでシカの生息状況を精確に把握することができません。糞に含まれる DNA を検出して両種を識別する方法が既に開発されていましたが、その作業には長い時間と熟練が必要でした。

糞の識別方法
私たちはこれまでとは異なる新しいDNA増幅技術を採用し、シカとカモシカ両種の糞を簡単、迅速かつ精確に識別できる方法を開発しました。この識別法は以下の 3 つのステップで完結します。

1. 糞からの DNA の抽出
野外に落ちている糞を拾ってきます(図2)。糞の表面を爪楊枝の先端で軽くこすり、それをDNA抽出用の液に浸します(図3)。このチューブを 60℃で10分間、その後90℃で5分間保温します。この操作により、糞の表面に付着していた動物のDNAが液体中に溶け出します。

2. DNA を増やす
糞からのDNAが溶け込んだ溶液(図3)の一部をシカ用の検査液(A)とカモシカ用の検査液(B)のそれぞれに加え(図4左図)、これらのチューブを 60℃で60分間保温します。この処理によって、DNA抽出液中に溶けていたシカあるいはカモシカのDNAが検査液内で増えていきます。

3. 目視による判定
検査した糞が、シカとカモシカどちらのものかの判定は、DNAが増えるにつれて変化する検査液の色で判定します。シカ用の検査液(A)が緑色に変化していれば、この糞はシカのものであることを、また、カモシカの検査液(B)が緑色に変化していれば、この糞はカモシカのものであることを示しています(図4右図)。

本識別法の特徴
従来のDNA識別法で6~8時間程度要していた時間が、わずか75分で完了することから、これまでよりも大幅な時間短縮が実現できました。また、一般的なDNA解析に不可欠な、特殊な機器や専門的な知識が不要であるため、これまでDNAを扱ったことがない人でも、簡単に利用することができます。さらに、検査液の色で判定できるので、シカなのかカモシカなのかという結果が一目瞭然です。本識別法により、シカとカモシカの分布が重なっている地域でも、シカの生息状況を精確に把握できるようになります。さらに、本手法ではシカとカモシカ両種の糞を精確に識別できることから、シカだけでなくカモシカの生息調査にも利用することができます。

詳 し く は、Aikawa, T. et al.(2015)Mammalian Genome 26: 355-363, DOI 10.1007/s00335-015-9572-0. をご覧下さい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028289
カテゴリ くこ シカ

この記事は