植物が光合成に利用可能な光の量の新たな推定法

タイトル 植物が光合成に利用可能な光の量の新たな推定法
担当機関 (国)森林総合研究所
研究課題名
研究期間
研究担当者 溝口 康子
山野井 克己
安田 幸生
大谷 義一
渡辺 力
小南 裕志
発行年度 2016
要約 植物が光合成に利用できる波長400~700nmの光(光合成有効放射量)を、日本のような湿潤地域で季節や天気に左右されず一般的な気象データから正確に推定する方法を開発しました。
背景・ねらい 植物は光合成によって二酸化炭素を吸収します。その駆動力となっているのが波長400~ 700nm の光で、これを光合成有効放射と呼びます。この光の量を測定する光量子センサと呼ばれるセンサを用いて長期間正確に光の量を測定することは難しく、推定値で代用する場合、様々な環境条件下で適用できる簡便な推定法はありませんでした。そこで、光合成有効放射量を正確に把握し、森林の二酸化炭素吸収量の正確な推定につなげるため、一般気象データを用いた推定法を開発しました。新たな推定法は、従来の方法に比べ、日本のような湿潤地域で精度良く推定できることがわかりました。

波長
波の山から山(あるいは谷から谷)までの距離。光は波の性質を持っている。
成果の内容・特徴 光合成有効放射量把握の重要性
植物は太陽の光を受けて光合成を行っています。光合成は植物の成長に欠かせないばかりでなく、大気中の二酸化炭素を吸収することから、地球温暖化抑制の視点からも注目され、光合成量の実測や予測の研究が世界的に行われています。このため、光合成の駆動力となる光の量を正確に把握することが求められています。
植物が光合成に利用する光は光合成有効放射と呼ばれています。光合成有効放射は日射(太陽の光)の一部で、日射の波長帯150~3000nmのうち、400~700nmの波長の光のことを指します。
太陽からの光は、大気を通過する際に、大気中の水蒸気やエアロゾルなどにぶつかり、吸収・散乱されます。光の波長やぶつかる物質によって、吸収・散乱の程度が異なるため、日射量に対する光合成有効放射量の割合は一定ではなく、大気の状態によって変化します(図1、図2)。

従来の測定方法及び推定方法
光合成有効放射量の測定には、一般的に光量子センサが使われます。様々なセンサが市販・利用されていますが、世界的な基準となるセンサがないため、各センサの精度に対する信頼性が担保されていません。また、経年劣化が大きいセンサもあり、長期間の観測では精度維持が難しい場合があります。
一方、日射計は世界基準が確立されているため、精度の信頼性が高く、多くの場所で日射量の測定が行われています。光合成有効放射が日射の一部であることから、日射量から光合成有効放射量を推定することができれば、有効な方法の一つと考えられます。すでに、一般的な気象データから推定する簡易な方法が提案されていますが、日本のような湿潤な地域では、推定精度が低いという欠点がありました。

湿潤地域に対応した推定方法の開発
欧米の観測データを元に作られた簡易な推定法を用いて、国内5カ所で光合成有効放射量の推定を行ったところ、全てのサイトで誤差が5%以下になる推定法はありませんでした。そこで、一般的に測定されている日射量、気圧、気温および湿度から、日本のような湿潤地域にも適用可能な推定法を開発しました。新たな推定法の誤差はどの地点も5%以下で、季節や天気によらず、日変化の推定誤差は小さくなりました(図3)。
今回提案した推定法を用いて光合成有効放射量を求めることによって、センサの精度や劣化によるデータの不確実性が除去できるほか、一般気象データが測定されていれば、光合成有効放射量の推定が可能になります。信頼性の高い光合成有効放射量のデータが広域で得られることは、森林の二酸化炭素吸収量の正確な把握につながると期待されます。

詳しくは Mizoguchi et al.(2014)Theoretical and Applied Climatology 115, 583-589 をご覧下さい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028280
カテゴリ 経年劣化

この記事は