木材価格の変動リスクに備えるための異常変動評価と価格予測

タイトル 木材価格の変動リスクに備えるための異常変動評価と価格予測
担当機関 (国)森林総合研究所
研究課題名
研究期間
研究担当者 久保山 裕史
道中 哲也
田村 和也
岡 裕泰
山本 伸幸
発行年度 2016
要約 丸太価格の暴落(高騰)の影響を軽減するには、価格の異常な急落(急騰)を察知するとともに、今後の価格予測を参考にして伐採量を制御する必要があります。この急落(急騰)を察知する方法や、数ヶ月先の価格を予測する方法を開発しました。
背景・ねらい 丸太価格の暴落・暴騰は、林業事業体や林産企業の経営に大きな影響を及ぼします。暴落の影響を軽減するには、出材抑制をする必要があります。他方、価格暴騰の場合、出材量を拡大する必要があります。本研究では、出材調整を実施するか否かを判断するため、価格の異常な値動き(暴落・高騰)を察知する方法を開発しました。そして、ここ2~3年、異常な価格変動が多発していることを明らかにしました。また、価格の予測手法を開発し、2ヶ月先まで誤差3%以内の高い精度で価格を予測できました。これらを用いて、より的確に出材調整等の実施判断ができます。この成果の一部は、国有林における「国有林材供給調整検討委員会」や日本木材総合情報センターの運営する Web サイト「原木需給.com」において活用されています。
成果の内容・特徴 価格変動の異常性を判定する
丸太価格の変動には季節性があるため、これらを除去すれば、異常変動(経済的なショック)をより正確に知ることができます。そこで、米国のセンサス局が公開している統計手法の一つ X-12-ARIMA を用いて、丸太価 格の月次データ(期間は10年強)の季節調整値(図1)を求め、これを基に前月比、前年比、2 カ年平均比を計算しました。
ある月の価格変動が、過去の変動と比べて異常かどうかを、上記の3つの比の95%信頼区間からの逸脱の有無で判定しました(下に逸脱すれば急落(大幅安)、上はその反対)。実際に、宮崎県のヒノキ中丸太の2002~2012年月次データを用いて判定を行ったところ、2012年6月の異常な急落が裏付けられました。他方、スギ中目丸太(径24~28cm)の全国平均の2002~2014年月次データを用いた判定結果は、表1の通りとなり、消費税の駆け込み需要の影響が大きかった2013年10 月以降に価格が高騰し、増税後も高水準の価格が維持されていたことが示されました。なお、最新の月次データを用いれば、直近の価格変動が通常を逸脱しているかを判定でき、出材調整を実施する必要があるかを判 断することができます。

丸太価格の季節変動と価格予測
2002年~2015年9月までのスギ柱適寸丸太(径14~22cm)、ヒノキ中丸太(径14~22cm)、カラマツ中丸太(径14~28cm)の全国平均価格の月次データを、統計ソフトRのForecastパッケージを用いて、傾向変動、季節変動と不規則変動に分解しました。その結果、図 2 のようにヒノキとスギでは季節変動が大きく、夏期に価格が大きく低下する傾向がみられましたが、カラマツはほとんど季節変動がないことがわかりました。この結果は、スギ ・ ヒノキでは、夏期の出材量が減少するような施業や施策を実施する必要があることを示しています。次に、月次価格の時系列分析で主に使われている指数平滑法(ETS)と自己回帰和分移動平均法(ARIMAモデル)を用いて、2ヶ月先までの価格予測を行いました。2002~2014年10月の月次データから、2014年11~ 12月までの価格予測を行い、同様にデータを1ヶ月ずつ増やしながら合計10 回の価格予測を行いました。予測結果は、表2に示したようにスギ ・ ヒノキでは、ARIMAモデルの誤差の平均値が小さく、カラマツでは両モデル間に差がありませんでした。また、誤差の大きいスギの場合でも、ARIMA モデルの誤差の平均値は2.45%、337円/m3と小さく、平常時においては高い精 度で価格を予測することができました。

本研究は、森林総合研究所交付金プロジェクト「木材需給調整機能の解明と新たな原木流通システムの提案」による成果です。

詳しくは久保山裕史・立花敏(2014)針葉樹丸太の 価格変動傾向に関する統計分析、関東森林研究 Vol.65 (1):9-12. 及 び、Tetsuya Michinaka, Hirofumi Kuboyama, Kazuya Tamura, Hiroyasu Oka and Nobuyuki Yamamoto. (2016) Forecasting monthly prices of Japanese logs. Forests. Vol.7(5), 94; doi: 10.3390/f7050094. をご覧下さい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028270
カテゴリ 季節変動 経営管理

この記事は