日本国内には 419 種の C4 植物が分布し、そのうち 116 種は過去 25 年間に侵入・定着した

タイトル 日本国内には 419 種の C4 植物が分布し、そのうち 116 種は過去 25 年間に侵入・定着した
担当機関 (国)農業環境技術研究所
研究課題名
研究期間
研究担当者 吉村泰幸
発行年度 2015
要約 国内の草本として 419 種の C4 植物が分布し、そのうち過去 25 年間に 116 種の外来種がわが国に侵入・定着していることが明らかとなりました。本研究で作成した C4 植物の一覧は、それらをリスク管理しながら有効に利用する際に役立ちます。
背景・ねらい 近年、環境への負荷を軽減した持続的農業が推進される中、高い物質生産能力を持ち、環境耐性が高い C4 植物は、食用作物だけでなく、エネルギー作物としても利用が期待される植物資源です。国内に分布する C4 植物の外来・在来等を含めた詳細な一覧は、それらを有効に活用し、そのリスクを管理するための基本情報となります。
成果の内容・特徴 C4 植物の葉には「クランツ構造」と呼ばれる独特の構造があり、外気から取り込んだCO2 を濃縮してからカルビンサイクルに受け渡すため、効率のよい光合成が行われます。C3 植物と比べて、C4 植物は高温や乾燥条件下でも高い光合成能力を発揮するため、物質生産量が多く、食用やエネルギー作物としての利用が期待されています。
科学論文や図鑑等を精査し、国内外で発表された C4 植物に関する報告を集約し、1990年における国内の分布情報と比較しながら、外来植物と在来植物の情報を併せて一覧としました。その結果、ハマミズナ科、キク科、フウチョウソウ科の C4 植物の日本国内における分布が見いだされ、合計 11 科 91 属 419 種(単子葉類 3 科 72 属 357 種、真正双子葉類 8 科 19 属 62 種)の C4 植物の分布が確認されました。(表 1)。また、過去 25年間 に 176 種の C4 植物が新たに確認され、そのうち 116 種を外来種が占めていました。C4 植 物全体の過半数を占めるイネ科に着目すると、1990 年以降に新たに確認された 127 種のうち、約 65%にあたる 82 種を外来種が占め、1990 年以前の外来種の割合(約 50%)より高い割合を示しました(図 1)。
C4 植物には、食用作物やエネルギー作物として適したバイオマスが大きい種だけでなく、高い耐乾性や耐塩性を示す種もあり、その性質を活用することによって、様々な産業面での応用が期待されます。一方で、高いバイオマス生産、環境ストレス耐性を示す植物の利用に際しては、導入地からの逃げだしや拡散のリスクもあり、それらの侵略性を事前に評価し、雑草としてのリスクと産業利用により得られるベネフィットを考慮した使用が望まれます。本研究によりまとめられた C4 植物の一覧は,このような雑草のリスク管理にも役立つことが期待されます。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010028218
カテゴリ 乾燥 きく 雑草 みずな

この記事は