多収でいもち病と縞葉枯病に強い低アミロース米水稲新品種「ぴかまる」

タイトル 多収でいもち病と縞葉枯病に強い低アミロース米水稲新品種「ぴかまる」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 2005~2013
研究担当者 佐藤宏之
坂井 真
田村克徳
田村泰章
片岡知守
梶亮太
発行年度 2013
要約 「ぴかまる」は、「ヒノヒカリ」熟期の中生の低アミロース米で、移植及び直播栽培で多収である。いもち病と縞葉枯病に強く、「ヒノヒカリ」より炊飯米の粘りが強く良食味である。主食用途に適する他、ブレンド用や加工用米としての利用が期待できる。
キーワード イネ、低アミロース米、良食味、耐病性、多収性
背景・ねらい 米の需要が低迷する中でも、外食・中食用途に利用される業務用米の需要は、堅調に推移している。低アミロース米は、炊飯米の粘りが強く、冷えても硬くなりにくい特性があり、弁当、おにぎり及び冷凍米飯に向くため、主食用途の他、業務用米用途として、一定の需要が存在する。また暖地では近年、栽培特性に優れた低アミロース米品種へのニーズがあるため、暖地の普通期栽培に適し、多収性、耐倒伏性及び耐病性を合わせ持つ低コスト栽培向けの低アミロース米品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「ぴかまる」(旧系統名:西海270号)は、縞葉枯病及び穂いもち抵抗性を備えた低アミロース米系統「関東221号」と良質・極良食味系統「西海250号(後のにこまる)」を2004年に交配した後代より育成した低アミロース米系統である。
  2. 「ヒノヒカリ」に比べ、出穂期は2日遅く、成熟期は同程度であり、九州北部の普通期では“中生の中”に属する。「ヒノヒカリ」より稈長は4~5cm短く、穂長は1cm程度長く、穂数はやや少ない。草型は“偏穂重型”である(表1)。
  3. 耐倒伏性は「ヒノヒカリ」よりやや強く、移植栽培での収量性は「ヒノヒカリ」を約10%上回り、直播栽培でも「ヒノヒカリ」及び「姫ごのみ」より多収である(表1)。
  4. いもち病真性抵抗性遺伝子型は“Pia, Pii”と推定され、穂いもち抵抗性遺伝子Pb1を保有する。いもち病圃場抵抗性は葉いもち、穂いもちとも“やや強”である。縞葉枯病抵抗性遺伝子Stvb-iを保有し、縞葉枯病抵抗性である(表2)
  5. 玄米には低アミロース米特有の白濁が見られるが、外観品質は、「ヒノヒカリ」、「姫ごのみ」に優る(表1)。
  6. 「ミルキープリンセス」由来の低アミロース性遺伝子Wx-mqを保有すると推察され、アミロース含有率は、登熟気温に関わらず10%前後で安定している(図1)。
  7. 炊飯米の食味は粘りが強く、食味総合値は「ヒノヒカリ」にやや優る。また、低アミロース米品種「姫ごのみ」より、外観及び総合値が優り、食味は“上中”である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 適地は暖地および温暖地の平坦部である。耐倒伏性及び耐病性を備えた低アミロース米品種として、直播栽培も含めた低コスト栽培に適する。
  2. 白葉枯病にやや弱いので、常発地での栽培は避ける。
  3. 穂発芽性が“やや易”なので、刈り遅れに注意し、適期に収穫する。
  4. 2013年度に鹿児島、熊本及び福岡県の生産者団体が試験栽培しており(表3)、2014年度以降、これらの団体の生産拡大に加えて、熊本、福岡及び岡山の複数団体が順次生産を開始する予定である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010027509
カテゴリ いもち病 加工 縞葉枯病 新品種 直播栽培 生産拡大 多収性 抵抗性 抵抗性遺伝子 低コスト栽培 品種 良食味

この記事は