九州地域における春まきソバ「春のいぶき」の栽培ガイドライン

タイトル 九州地域における春まきソバ「春のいぶき」の栽培ガイドライン
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 2011~2013
研究担当者 手塚隆久
土屋史紀
原貴洋
発行年度 2013
要約 春まきソバ「春のいぶき」の出芽および開花までの日数は気温が高いと短くなり、開花からは30日程度で種子黒化率は8割になる。窒素は0.6kg/aを基準とする。収量を重視すると種子黒化率8割が収穫適期になるが、麺色を重視する場合はそれより早くする。
キーワード そば、春まき栽培、春のいぶき、播種期、施肥量
背景・ねらい そばは夏季に需要が増大するが、夏季に食するそばは前年秋の収穫種子を加工している。夏季の需要期にとれたてのそばが供給できるようになれば、消費者は盛夏にそばを賞味できるようになる。ソバ品種「春のいぶき」を用いた春まき栽培は、九州の温暖な気候を活用して、3月下旬から4月上旬に播種して、6月上中旬に収穫するものである。栽培時期が晩霜後から梅雨前期までと限られるため、適期播種、適期収穫が重要となる。春まき栽培の安定生産をはかるため、「春のいぶき」の栽培ガイドラインを構築する。
成果の内容・特徴
  1. 播種期は各地の晩霜以降に出芽するよう設定する。出芽日数は気温の影響を受け、低温では出芽まで7~10日要する(図1)。20度以上では播種後4日で出芽する。
  2. 播種晩限は4月20日であり、これ以降は開花はするが成熟が不揃いとなる。
  3. 播種量は、出芽率が低いので秋まきよりも多めの0.6~0.9kg/aを播く。
  4. 出芽揃から開花期(全個体の40~50%が開花を始めた日)までの日数は気温に影響され(図2)、開花までの予想日数は、(開花まで日数)=-0.816×(出芽揃いから開花期までの期間平均気温)+39.218で算出できる(r=-0.90**)。
  5. 開花期から30日程度で種子黒化率が7~8割に至る(図3)。丸抜き(殻を除去した種子)の粒色は黒化始め以降退色するので、収穫時期は、収量を重視すると種子黒化率が8割になる開花30日後であるが、麺の緑色を重視する場合は黒化率8割より早く収穫する。
  6. 種子の黒化率が9割を超えると脱粒しやすい。さらに、降雨で穂発芽が発生するため、品質が低下する。
  7. 春まき栽培の窒素吸収量は植物体全体で0.8~1.0kg/a、種子は0.53~0.66kg/aであるので、窒素量は種子となる0.6kg/aを基準とする(表1)。リン酸および加里は窒素と同じように重要であるので、窒素と同量以上施用する。野菜跡では、残効を考慮して施肥量を決める。
  8. 本成果をとりまとめた「ソバ春まき栽培マニュアル」(冊子)を作成し、配布している。
成果の活用面・留意点
  1. 普及対象:ソバ生産者
  2. 普及予定地域:九州地域(平坦部)、普及目標は500ha
  3. ソバは湿害にきわめて弱いため、水はけの悪い圃場は使用しない。湿害を回避するため、額縁排水溝の設置、サブソイラー施工により排水性を改善する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010027504
カテゴリ 加工 湿害 施肥 そば 排水性 播種 品種

この記事は