miR157過剰発現トレニアでは草姿が変化し花付き期間が延長される

タイトル miR157過剰発現トレニアでは草姿が変化し花付き期間が延長される
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所
研究課題名
研究期間 2008~2012
研究担当者 大坪憲弘
四方雅仁
山口博康
佐々木克友
発行年度 2012
要約 シロイヌナズナのmiR157bを過剰発現する組換えトレニアでは長期にわたり花を付けるほか高度に分枝して草姿が大きく変化することから、草姿や花付きの改良に利用できる。
キーワード マイクロRNA、miR156/157、SBP-box遺伝子、トレニア、成長相移行
背景・ねらい シロイヌナズナのmiR156/157は幼植物期から成熟期への成長相の移行を標的遺伝子産物の分解による機能抑制を介して制御するマイクロRNAであり、これを過剰発現したシロイヌナズナでは成長相移行の遅延と枝分かれの増加がおこるが、これを利用の観点で捉えた報告はまだない。本研究ではmiR156/157を園芸的に利用することを目的として、miR157b過剰発現トレニアの詳細な表現型観察と定量解析により植物の特性を調査する一方、miR157の標的遺伝子であるSBP-box転写因子遺伝子をトレニアから単離・解析し、草姿と花付きの制御機構を調査する。
成果の内容・特徴
  1. シロイヌナズナmiR157bを過剰発現する組換えトレニアではシロイヌナズナと同様に幼植物期の丸く縁辺のなめらかな葉をつけ成長相移行の遅延が見られる(図1)。また、枝分かれの増加および節間が短くなることにより、草姿が大きく変化する(図2)。
  2. 通常、野生型のトレニアは鉢上げ後4か月程度で枯死するが、miR157b過剰発現トレニアでは生殖成長への完全な切り替わりが起こらないため、6か月以上にわたり枯れずに花を付けながら成長を続ける(図2)。
  3. トレニアからmiR156/157による制御のターゲットとなるSBP-box遺伝子を6種類単離した。miR157bを過剰発現するトレニアでは、これら遺伝子の発現が低下するほか、SBP-boxタンパク質で発現が制御されると予測されるTfLFYおよびTfMIR172遺伝子の発現も低下する(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. miR156/157の機能はシロイヌナズナとトレニアで共通しており、またmiR157やSBP-box転写因子は植物種を越えて保存されていることから、様々な植物種に本手法が応用可能である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010026782
カテゴリ トレニア

この記事は