経営類型別の標準財務指標を組み込んだWeb版「農業経営診断サービス」

タイトル 経営類型別の標準財務指標を組み込んだWeb版「農業経営診断サービス」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 2011~2012
研究担当者 大室健治
佐藤正衛
松本浩一
梅本 雅
迫田登稔
発行年度 2012
要約 農業者や指導機関が容易に農業経営診断を行えるWebアプリケーションである。営農類型・地域・規模・品目を想定した経営類型別の標準財務指標を組み込んでおり、診断対象の経営属性を考慮した農業経営診断を行うことができる。
キーワード 経営診断、標準財務指標、経営類型、Webアプリケーション
背景・ねらい 実績に乏しい新規就農者や積極的な事業展開を図る農業経営においては、経営悪化の兆候を早期に発見し改善策を講じるための農業経営診断を適時に行うことが重要である。しかし、このような経営診断を行うに際しては、診断対象の属性に適合した標準値が必要であり、その標準値は、営農類型だけでなく地域性や規模、品目等を考慮する必要がある。そこで、営農類型・地域・規模・品目の区分を設けた標準値データベースを構築するとともに、この標準値を用いた経営診断を行えるWebアプリケーションを開発する。
成果の内容・特徴
  1. このアプリケーションは、実績値を踏まえた対象経営の診断指標を算出するとともに、標準値データベースに内蔵する標準値を用いた判定ロジックに沿って各指標のランクを表示する農業経営診断サービスである。
  2. 本サービスの利用手順は、Webサイトにアクセスして、対象の属性、経営概況、生産物の選択・設定、財務諸表等のデータ入力を行った後、診断を実行する(図)。
  3. 経営類型は、営農類型、地域、規模を組み合わせたものである(表1)。また、露地野菜、施設野菜、果樹については、主要な品目(売上高に占める販売金額の割合が最大の品目)を特定して診断する。
  4. 出力結果は、経営全体と生産物別に、概況と診断指標を表示する(表2)。
  5. 出力結果の概況については、対象経営の実績値と標準値を示す。一方、出力結果の診断指標については、実績値と標準値に加えて判定ランクを示す(表3)。
  6. 本サービスはWebブラウザ上での情報の入出力だけではなく、Excel/csv/XML形式による入出力や、PDF形式による診断結果の帳票を出力する。
成果の活用面・留意点
  1. 青色申告を行う農業者や法人経営が自経営を診断する際に活用できるだけでなく、普及指導機関やJAの営農指導員等が新規就農者や担い手経営の経営指導を行う際に活用できる。
  2. 標準値データベースのデータは、農林水産省統計情報部の農業経営統計調査(営農類型別経営統計(個別経営、組織法人)の2008~2010年、生産費統計(米、小麦、大豆、さとうきび、てんさい、牛乳、子牛、乳用雄育成牛、交雑種育成牛、去勢若齢肥育牛、乳用雄肥育牛、交雑種肥育牛)の2004~2010年の個別結果表を再集計したものである。
  3. このアプリケーションは、農研機構経営管理システムのWebサイトから利用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010026716
カテゴリ 管理システム 経営管理 経営診断 さとうきび 大豆 てんさい データベース

この記事は