東北地域向きサイレージ用トウモロコシの多収新品種「北交72号」

タイトル 東北地域向きサイレージ用トウモロコシの多収新品種「北交72号」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 2005~2011
研究担当者 濃沼圭一
伊東栄作
榎 宏征
斉藤修平
発行年度 2011
要約 「北交72号」は、早晩性が普及品種「36B08」および「セシリア」の中間で、東北地域では“早生”に属する。初期生育に優れ、乾物収量が多い。すす紋病抵抗性は“強”で、赤かび病毒素の濃度が同熟期の外国品種に比べて低い。
キーワード トウモロコシ、サイレージ、品種、収量、赤かび病、飼料作物育種
背景・ねらい 近年の濃厚飼料価格の高騰に対応して購入飼料費の節減を図る上で、高栄養で多収なサイレージ用トウモロコシの重要性はますます高まっている。飼料畑の面積が限られている東北地域では、早生~中生で乾物収量の多い品種へのニーズが高い傾向がみられる。また、良質粗飼料の安定生産のためには主要病害に対する抵抗性が求められる。そこで、東北地域に適する早生で、乾物収量が多く病害抵抗性に優れる品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「北交72号」は、FR7918×Ho95の単交雑一代雑種である。
  2. 熟期は、適地の東北地域では“早生”に属する。絹糸抽出期は「36B08」より3日遅く「セシリア」より3日早い(表1)。
  3. 発芽期は「36B08」および「セシリア」と同日で、初期生育は両品種よりやや優れる(表1)。
  4. 乾物総重は「36B08」より7%高く「セシリア」より5%高い。乾雌穂重割合は「36B08」よりやや低く「セシリア」より低い。茎葉のTDN含量は、「36B08」よりやや高く「セシリア」より高く、ホールクロップのTDN含量は両品種と同程度である(表1)。
  5. 稈長および着雌穂高は「セシリア」並で「36B08」より高い(表1)。
  6. 耐倒伏性は「36B08」よりやや劣り「セシリア」並である(表1)。
  7. すす紋病抵抗性は“強”で「36B08」より弱く「セシリア」並である。ごま葉枯病抵抗性は“中”で「36B08」よりやや弱く「セシリア」よりやや強い(表2)。
  8. 赤かび病の産生する毒素の1つであるフモニシンの濃度が同熟期の外国品種に比べて低い(図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 普及対象 畜産農家、TMRセンター等の自給飼料生産組織、飼料作物栽培農家など
  2. 普及予定地域・普及予定面積
    栽培適地は東北地域
    普及予定面積は600ha(普及対象地域における栽培面積の5%に相当)
  3. その他
    種子は、2014年以降、(社)日本草地畜産種子協会を通じて民間種苗会社から販売の予定
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010026555
カテゴリ 育種 ごま 飼料作物 新品種 抵抗性 とうもろこし トウモロコシサイレージ 品種 病害抵抗性 ぶどう

この記事は