加工品黄変の原因となるグルコシノレートが欠失した「だいこん中間母本農5号」

タイトル 加工品黄変の原因となるグルコシノレートが欠失した「だいこん中間母本農5号」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2005~2011
研究担当者 石田正彦
小原隆由
柿崎智博
畠山勝徳
吉秋 齊
小堀純奈
松元 哲
野口裕司
坂田好輝
小島昭夫
森光康次郎
発行年度 2011
要約 「だいこん中間母本農5号」は、通常ダイコンに含まれ加工品黄変の原因となる4-メチルチオ-3-ブテニルグルコシノレートを含まない。この成分の欠失性は単因子劣性に遺伝し、本特性を有した品種を育成するための素材として活用できる。
キーワード 大根、成分育種、イソチオシアネート、辛味、着色
背景・ねらい ダイコン根部に含まれる含硫配糖体グルコシノレート(GSL)の一種である4-メチルチオ-3-ブテニルグルコシノレート(4MTB-GSL)の分解産物4-メチルチオ-3-ブテニル-イソチオシアネートは、たくあんの色調を特徴付ける黄色成分へと変化する。この黄変は自然環境下で制御することは極めて困難な上、色むらを生じやすい。また、業務用大根おろしにおいても、長期冷凍保存時の黄変が問題となっている。そこで、黄変しない漬物やおろし製造を可能とする、根部に4MTB-GSLを含まない品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「だいこん中間母本農5号」は、放任受粉により維持されている地方品種「西町理想」の中から見いだされた4MTB-GSL含量が極めて少ない個体に由来し、自殖・選抜を5回繰り返した後、系統内個体間で放任受粉による集団採種を行い、4MTB-GSL欠失性および主要形質を固定させた品種である(図1、図2)。
  2. 「だいこん中間母本農5号」の根部の総GSL含量は、比較的低い「耐病総太り」よりも明らかに低い。また、4MTB-GSLおよびグルコラフェニンは全く含まれず、グルコエルシンが主要GSLとして含まれる(表1)。
  3. 4MTB-GSL欠失性の有無に基づくχ2検定の結果、「だいこん中間母本農5号」と「秋まさり2号」自殖後代との交雑にf2集団では4MTB-GSL欠失型:4MTB-GSL含有型が1:3に、「だいこん中間母本農5号」を連続親とするBC1F1集団では1:1の分離比に適合し、正逆交雑による分離比の歪みはみられなかった。このことから、4MTB-GSL欠失性は1因子劣性に遺伝すると推定される(データ省略)。
  4. 「だいこん中間母本農5号」は理想系白首大根の特性を示し、根形はややつまる形状を示す。全重、根重、根長、最大部根径は「秋まさり2号」や「西町理想」に比べて何れも小さく、草勢は劣っている。また、す入りや空洞は他の3品種に比べて発生しやすい(図2、表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本品種の4MTB-GSL欠失性は単因子劣性に遺伝するため、本品種と実用品種との交雑後代から4MTB-GSL欠失個体を確実に選抜することができるが、F1品種を育成する場合には、両親に本形質を持たせる必要がある。
  2. グルコエルシン、グルコラフェニンは分解時に黄変物質を生じないGSLである。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010026410
カテゴリ 育種 加工 受粉 だいこん 品種

この記事は