リンゴ樹の接ぎ木部の折れやすさはJM系台木の種類により異なる

タイトル リンゴ樹の接ぎ木部の折れやすさはJM系台木の種類により異なる
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所
研究課題名
研究期間 2007~2011
研究担当者 守谷友紀
工藤和典
岩波 宏
本多親子
和田雅人
発行年度 2011
要約 JM2及びJM7台木使用樹は接ぎ木部で折れにくいが、JM1及びJM5台木使用樹は接ぎ木部で折れやすい。また、JM1及びJM5台木使用樹はJM2及びJM7台木使用樹と比べて接ぎ目こぶ程度が大きく、穂木品種間における接ぎ目こぶ程度の差も大きい。
キーワード リンゴ、JM系台木、せん断強度、接ぎ目こぶ
背景・ねらい 台木品種と穂木品種の接ぎ木組合せの影響が把握されないまま新品種が導入された場合、樹勢衰弱や台風による接ぎ木部の折損など生産上の大きな損害が生じる可能性がある。果樹研究所で育成したJM7は「ふじ」と接ぎ木親和性が良好であると認められているが、その他の栽培品種との接ぎ木親和性や他のJM系台木の接ぎ木親和性については明らかにされていない。本研究では、JM1、JM2、JM5、JM7台木について、主要品種を接ぎ木した場合の接ぎ木組合せと接ぎ木部におけるせん断強度及び接ぎ目こぶの関係を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 接ぎ木部におけるせん断強度はJM2台木使用樹で最も大きく、次いでJM7台木使用樹で大きい。一方、JM1及びJM5台木使用樹では小さい(図1)。せん断強度が大きいほど折れにくいので、JM1及びJM5台木使用樹はJM2及びJM7台木使用樹と比べると接ぎ木部で折れやすい。
  2. 接ぎ目こぶ程度は、JM2台木使用樹やJM7台木使用樹で小さく、JM1及びJM5台木使用樹では大きい傾向がある(図2、3)。JM2台木使用樹やJM7台木使用樹では、穂木品種間における接ぎ目こぶ程度の差は小さい。一方、JM1台木使用樹またはJM5台木使用樹では穂木品種間における接ぎ目こぶ程度の差が大きく、「ゴールデン・デリシャス」、「つがる」、「紅玉」、「ジョナゴールド」、「王林」、「さんさ」を穂木品種とした場合に接ぎ目こぶ程度が大きくなる。
  3. 以上のことから、JM1及びJM5台木使用樹はJM2及びJM7台木使用樹と比べて接ぎ目こぶ程度が大きく、どの接ぎ木組合せにおいても接ぎ木部で折れやすい。
成果の活用面・留意点
  1. JM1及びJM5台木を使用する際には支柱への結束を入念に行うなどの対策が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010026382
カテゴリ 新品種 台木 接ぎ木 品種 りんご

この記事は