東北タイにおけるチーク植栽土壌適地図の作成

タイトル 東北タイにおけるチーク植栽土壌適地図の作成
担当機関 (独)国際農林水産業研究センター
研究課題名
研究期間 2006~2015
研究担当者 野田 巌
T. Vacharangkura
W. Himmapan
S. Sukchan
発行年度 2012
要約 農家がタイ国東北部で有用郷土樹種チークを植栽する際に、その後の成長を大きく左右する土地の潜在的な適性度を知ることができる地図と代表的土壌写真をセットにしたチーク植栽土壌適地図帳を作成した。
キーワード タイ東北部、チーク人工林、適地図、農林複合経営
背景・ねらい チーク(Tectona grandis)はタイ国の有用郷土樹種である。用途は高品質家具、建材等で、材価は比較的高く安定している。熱帯有用樹の中では成長も早いことから人工林経営に向いており郷土の経済樹種として、減少した森林の回復と地域振興を目的に植林が推進されている。チークは特定の土壌条件を好む特性があり、土壌がどの程度生育に適しているかどうかが将来の収穫量を左右する。農家にとってチークは有望な農林複合経営作目の一つで、チーク植林を決断する意思決定材料が必要とされてきた。ところが、既往の研究ではチーク適性土壌に関するものはあるが、適地を定量的に地図で示したものはこれまで無かった。そのため、不適地に植林して失敗した農家も少なくない。東北タイはチークの生育に不向きと言われてきたが、現地調査を通じて十分な収穫が期待できる地域があることも確認しており、農家の生計向上、農村活性化のためにチークの農林複合経営を振興すべくウドンタニ県、ノンブアランプー県についてチーク植栽土壌適地図を作成することとした。
成果の内容・特徴
  1. タイの土壌群図(土地開発局)をベースに現地調査を重ねて、チークの生育に対する土地の潜在的な適性度を5段階区分 (高~低:1~5) し、数字と色で地図に示している(図1左、2)。土壌適性度2~5には添え字n、f、g、d(n:養分不良、f:浸水、g:礫岩性、d:排水不良)を付け主な欠点を示している。土壌群情報の無い「農地以外の傾斜地(SC)」「水域(W)」は除いている。
  2. 土壌適性度の5段階区分は、すでに我々が作成した「東北タイ版チーク人工林分収穫予想表」(図1右)で示す地位級(林地の材積生産力の階層区分)に相当するので、両者(図1左右)を用いれば、適地図上のある地点について期待できる将来の収穫量も評価できる(図2、3)。
  3. 出版した地図帳(図1左)は農家やタイ王室森林局(RFD)技術普及担当職員の利用を想定してタイ語表記とし、位置を判読し易いように中縮尺で道路、河川、学校など主な目印を一緒に表示している(図2)。土地の状態から適性度を推察する参考になるように土壌サンプル写真も掲載している。
  4. 出版した地図のソースは、地理情報システムデータベースで構築されているので、適地面積計算等の各種解析処理に使用できる。
成果の活用面・留意点
  1. 東北タイにあるウドンタニ県とノンブアランプー県の2県についてのみ作成されている。
  2. 他の県への拡張には、今回蓄積した技術的知識の活用が可能である。
  3. チークの生育の良否は育成管理の方法によっても影響を受けるので植栽土壌適性度と実際のチーク林の生育状態が異なることもあるが、約69%の一致を確認している。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010026102
カテゴリ 経営管理 傾斜地 データベース

この記事は