太平洋クロマグロの資源評価の更新

タイトル 太平洋クロマグロの資源評価の更新
担当機関 (独)水産総合研究センター 遠洋水産研究所
研究課題名
研究期間 2010~2010
研究担当者 市野川桃子
甲斐幹彦
竹内幸夫
発行年度 2010
要約 WCPFCで採択された太平洋クロマグロへの保存管理措置に伴い、最近年の本種の資源動向を把握することがISCの同種作業部会に要請されていた。本種の資源評価は2008年に行われたが、2010年には最新の2年分の漁業データが追加され、資源評価結果の更新が行われた。その結果を基に、ISC本会議において本種への管理勧告が作成された。
背景・ねらい 太平洋クロマグロの資源評価はISCのクロマグロ作業部会で実施されている。2008年の本作業部会における正式な資源評価結果を受けて、2009年のWCPFC本会議で本種への保存管理措置が採択された。それに伴い、太平洋クロマグロ作業部会は、最近年の本種の資源動向を把握し、管理勧告の作成の際に科学的なアドバイスをすることが求められていた。
成果の内容・特徴
  • 2008年上半期までの漁業データを2年分追加して資源評価を更新した。資源評価モデルの設定や漁業データの解析方法、将来予測手法は2008年に使用したものをそのまま踏襲した。さらに、レトロスペクティブ解析・感度分析・ブートストラップ解析を行い、資源の現況を示す指標(2005・2007年の親魚資源量等)の不確実性を評価した。
  • 更新された資源評価モデルで得られた知見はクロマグロ作業部会にて以下のようにまとめられ、ISC本会議で発表された。
    1. SSBと漁獲死亡の絶対値は成熟魚へのMの仮定に大きく左右される一方、相対的なトレンドを示す指標は比較的頑健である(図1-2)。
    2. 2008年の親魚量は、2006年レベルから減少し、歴史的なSSB変動の下限から40-60パーセンタイルの範囲にある(図1c-d)。
    3. 2004~2006年の平均漁獲死亡係数 (F2004-2006)は、2002~2004年のF2002-2004から6%(0歳)、約30%(1-4歳魚)、6%(5+歳魚)増加した(図2)。
    4. 将来のFをF2004-2006とした場合、今後30年のSSBの期待値は、歴史的なSSB変動の範囲の下限から25パーセンタイルのレベルに落ち着く。一方、F2002-2004とした場合、SSBの期待値は短期的に減少するものの、中長期的には、歴史的なSSB変動の中央値付近まで回復する。また、将来のSSBが歴史的な最低水準のSSBを下回る確率は、F2004-2006を仮定した場合に約5%となるが、F2002-2004の場合は0%である(図3)。どちらの将来予測でも長期的な平均漁獲量は近年の漁獲量よりも下がる。
成果の活用面・留意点 更新の結果は、ISC本会議にて本種への管理勧告を作成する際の科学的資料として用いられた。管理勧告では、小型魚への漁獲圧が増加したことと、F2004-2006が将来の親魚水準を維持するためには十分でないことが特に懸念され、将来の漁獲圧、とくに小型魚への漁獲圧を2002~2004年レベル以下に維持する勧告が作成された。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025913
カテゴリ

この記事は