PCR法を利用した菌の薬剤耐性遺伝子のブドウ晩腐病斑からの検出

タイトル PCR法を利用した菌の薬剤耐性遺伝子のブドウ晩腐病斑からの検出
担当機関 農業環境技術研究所
研究課題名
研究期間 1996~2000
研究担当者
発行年度 1998
要約
ブドウ晩腐病菌(Glomerella cingulata,Colletotrichum acutatum)の1つであるC. acutatum はベンゾイミダゾール系薬剤とジエトフェンカルブの両方に低感受性である。この性質は菌のβ-チューブリン遺伝子の1塩基置換に起因するが,罹病植物体からnested PCRによって直接遺伝子診断することができる。
背景・ねらい
最近,ベンゾイミダゾール系薬剤及びジエトフェンカルブに低感受性(自然耐性)のブドウ晩腐病菌C. acutatumが見出されたので,これに関連する菌のβ-チューブリン遺伝子の塩基配列の違いを直接検出する方法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. ブドウ晩腐病には従来から知られるG. cingulata のほかC. acutatum も関与することが種特異的プライマーを用いたPCR実験等によって確認できる(図1)。
  2. C. acutatumG. cingulata とは異なり,ベンゾイミダゾール系薬剤とジエトフェンカルブの両方に低感受性である(図2)が,これは菌のβ-チューブリン遺伝子のコドン198における1塩基の違いによる。
  3. 晩腐病に罹ったブドウの花蕾から菌のゲノムDNAを直接抽出・精製し,β-チューブリン遺伝子をPCR増幅する。 次いで,このPCR産物を鋳型としてnested PCRを行うことにより,β-チューブリン遺伝子の1塩基置換を特異的に検出することができる(図3)。

成果の活用面・留意点
薬剤耐性菌の迅速遺伝子診断法の実用化技術の開発が期待できる。 また,β-チューブリン遺伝子は糸状菌の種の類別にも使えることから,農業生態系における微生物集団の遺伝子型解析にも応用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025879
カテゴリ 耐性菌 ぶどう 薬剤 薬剤耐性

この記事は