実生系フリージアの栽培法

タイトル 実生系フリージアの栽培法
担当機関 山形県立砂丘地農業試験場
研究課題名
研究期間 1991~1992
研究担当者
発行年度 1993
要約 フリージアの種子からの栽培法としては、吸水種子を15℃条件下で15~20日間湿冷蔵する催芽処理方法により生育が促進され、切り花収量・品質が向上する。施設での無加温栽培の場合、催芽処理種子の播種時期は8月上~中旬が適当である。
背景・ねらい フリージアは球根からの栽培が一般的であるが、良質球根の入手が年々困難になっている。そこで、種子からの栽培法を確立するため、催芽処理の方法とその効果、および播種時期が生育、開花に及ぼす影響について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 催芽処理は、15℃の湿冷蔵条件下で、15~20日間処理するのが適当であり、処理開始前に流水中で吸水(24時間)させることにより発芽が早く、成苗率も向上する(表1)。
  2. 催芽処理することにより、生育が早まり、開花も早く、また、切り花収量・品質を向上させる効果も認められる(表2)。
  3. 無加温栽培の場合、催芽処理種子は9月上旬、無処理種子は8月上旬までに播種すれば、3月下旬より収穫が可能となるが、品質の良い枝切りフリージアを得るには 催芽処理種子を8月上~中旬に播種するのが良い(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 湿冷蔵にあたってはバーミキュライト等の無菌で保水性の良い資材を使用し、処理期間中乾燥しないよう適宜かん水する。
  2. 冬期間は内張りカーテンを設置し保温に努める。
  3. 収穫終了後、10~15gの子球と2g前後の木子を約8個得ることができ、子球および1g以上の木子は切り花生産に使用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025742
カテゴリ 乾燥 播種 フリージア

この記事は