黒穂病抵抗性に優れる多収の飼料用サトウキビ新品種候補「KR98-1003」

タイトル 黒穂病抵抗性に優れる多収の飼料用サトウキビ新品種候補「KR98-1003」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 1998~2010
研究担当者 境垣内岳雄
寺内方克
松岡 誠
寺島義文
服部太一朗
石川葉子
服部育男
杉本 明
氏原邦博
伊禮 信
下田 聡
発行年度 2010
要約 飼料用サトウキビ新品種候補「KR98-1003」は、黒穂病抵抗性に優れ、既存品種の「KRFo93-1」と同程度の多収が得られる。「KR98-1003」の活用により、奄美地域以南の黒穂病発生地域においても、飼料用サトウキビによる粗飼料増産が実現できる。
キーワード 飼料用サトウキビ、黒穂病、多収
背景・ねらい 新規の飼料作物として飼料用サトウキビが開発され、鹿児島県熊毛地域および九州南部地域での普及が進みつつある。しかし、現行唯一の品種である「KRFo93-1」は重要病害の黒穂病抵抗性が「中」であるため、黒穂病が発生する奄美地域以南での普及には適さない。そこで、奄美地域以南での栽培を可能とする、黒穂病抵抗性に優れる多収の飼料用サトウキビ新品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「KR98-1003」は、製糖用品種「NiF8」を種子親、サトウキビ野生種を用いた種間交配系統「KRSp93-26」を花粉親に用いて種子を得、1998年に実生選抜を実施して以降、黒穂病抵抗性と株出し(再生草)での収量性を重視して選抜した系統である(図1)。
  2. 「KR98-1003」の黒穂病抵抗性は「NiF8」と同程度の「強」であり、「KRFo93-1」よりも優れ、さび病類抵抗性も「強」である(表1)。また、株出しでの萌芽が旺盛で分げつ性が優れる(表1)。
  3. 種子島(育成地)、徳之島(現地)における年間生草収量および年間乾物収量は飼料用サトウキビ「KRFo93-1」と同程度で多収である(図2)。
  4. 「KR98-1003」の飼料成分は「KRFo93-1」と同程度である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 黒穂病抵抗性に優れるため、これまで黒穂病発生の懸念から「KRFo93-1」の適用が困難であった奄美地域以南での活用が特に期待される(作付け見込み面積は100ha)。
  2. 「KRFo93-1」と比較して発芽および低温伸長性がやや劣るため、雑草による生育抑制を受けないように留意する。
  3. 飼料用サトウキビ向けの年2回収穫体系での栽培が推奨される。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025563
カテゴリ さとうきび 雑草 飼料作物 飼料用作物 新品種 抵抗性 品種

この記事は