万願寺とうがらしの施設夏秋栽培でのアブラムシ防除におけるバンカー法の有効性

タイトル 万願寺とうがらしの施設夏秋栽培でのアブラムシ防除におけるバンカー法の有効性
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター
研究課題名
研究期間 2008~2010
研究担当者 安部順一朗
熊倉裕史
発行年度 2010
要約 万願寺とうがらしの夏秋栽培ハウスにバンカー植物としてソルガム、代替餌としてヒエノアブラムシ、天敵としてショクガタマバエを利用するバンカー法を導入することで、ムギ類を利用する従来のバンカー法に比べ、アブラムシ類の発生を抑制できる。
キーワード 夏秋栽培、とうがらし、バンカー法、アブラムシ防除、ショクガタマバエ
背景・ねらい 施設野菜栽培で問題となるアブラムシ類に対して、バンカー植物としてムギ類、代替餌としてムギクビレアブラムシ、天敵としてコレマンアブラバチを利用するバンカー法(以下、ムギバンカーと略)が実用化されているが、高温環境下ではムギ類が十分に生育しない恐れがある。また、春から秋にかけては二次寄生蜂類が発生し、効果が低下することがあるため、ショクガタマバエの利用が有望視されている。さらに、コレマンアブラバチは導入天敵であるため、わが国の生態系への影響が懸念されている。そこで、京都府舞鶴市において万願寺とうがらしの夏秋施設栽培を対象に、バンカー植物として耐暑性の強いソルガム、代替餌として高温環境下で高い増殖力を持つヒエノアブラムシ、天敵としてショクガタマバエの在来系統(京都府産)を利用するバンカー法(以下、ソルガムバンカーと略)を導入し、慣行のムギバンカー法との間で害虫アブラムシ類抑制効果を比較検証する。
成果の内容・特徴
  1. ムギバンカーではコムギの枯死が早いため、ムギクビレアブラムシが維持されず、コレマンアブラバチも定着しないが(データ省略)、ソルガムバンカーではソルガムの葉が緩やかに枯死し、4ヶ月にわたってヒエノアブラムシが維持される(図1)。
  2. ソルガムバンカー上では土着の寄生蜂類などが発生する(データ省略)が、バンカーの導入後2ヶ月間は、ハウス内でのショクガタマバエの密度が、接種的放飼において必要な1~2週間間隔で2頭/㎡以上と同等の水準で維持される(図2)。
  3. ムギバンカー導入ハウスでは万願寺とうがらし上でアブラムシ類(モモアカアブラムシあるいはワタアブラムシ)が増加して薬剤散布等の作業が必要となる(図3)。しかし、ソルガムバンカー導入ハウスでは、これらの作業が不要である(図3)。
  4. 50頭以上のアブラムシが寄生した葉が1枚以上確認された株を要防除株とする場合、ムギバンカー導入ハウスでは要防除株の発見回数が多くなり、枝葉の除去や薬剤散布が必要となるが、ソルガムバンカーを導入すると、こうした処理が必要ない(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 日本在来系統のショクガタマバエは2011年1月現在、販売されていないため、本成果の活用にあたっては市販の海外産ショクガタマバエ(商品名:アフィデント、アリスタライフサイエンス(株))を利用する必要がある。
  2. ショクガタマバエの活動適温は15~30℃であり、ハウス内の最低気温が15℃を下回る時期はバンカーへ定着しないため、無加温でハウス内の温度が低温となる時期はムギバンカーの利用など、他の対策が必要となる。
  3. 本成果で試験を実施したハウスはいずれも万願寺とうがらしの定植時にイミダクロプリド粒剤を使用しているが、イミダクロプリド粒剤は、ショクガタマバエの幼虫、成虫の生存に影響を与えない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025538
カテゴリ 害虫 栽培技術 施設栽培 ソルガム 耐暑性 とうがらし ひえ 防除 薬剤 野菜栽培 わた

この記事は