ショウガ抽出物による脂肪細胞分化促進とPPARγの活性化

タイトル ショウガ抽出物による脂肪細胞分化促進とPPARγの活性化
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター
研究課題名
研究期間 2006~2010
研究担当者 関谷敬三
吉田隆一
齋藤 武
発行年度 2010
要約 ショウガ抽出物は脂肪細胞分化を促進しアディポネクチン等の遺伝子発現を増強する。また、PPARγの活性化が認められ作用機序として関与している。抽出物に含まれるショウガの辛み成分である6-ジンゲロール等に同様な作用が認められる。
キーワード ショウガ、6-ジンゲロール、脂肪細胞分化、核内受容体、PPAR
背景・ねらい 脂肪細胞はメタボリックシンドロームや生活習慣病などの病態に深く関与している。肥大した脂肪細胞は生活習慣病を引き起こす。一方、小さな脂肪細胞はそれらを予防することが知られている。したがって、脂肪細胞分化を促進することで小さな脂肪細胞を作り出すことが健康維持に重要である。実際、脂肪細胞分化を促進するチアゾリジン誘導体が糖尿病治療薬として用いられ、その作用機序としてペルオキシソーム増殖剤応答性受容体(PPAR)γを活性化することが知られている。そこで、農作物中にもチアゾリジン誘導体に似た性質を持つものがないか検討する。
成果の内容・特徴
  1. ショウガから超臨界抽出法にて成分を抽出する。抽出物は脂肪細胞分化の指標となるグリセロール-3-リン酸脱水素酵素活性の上昇(図1)と細胞内中性脂肪の増加を引き起こし形態的にも脂肪細胞の特徴が観察される。したがって抽出物には脂肪細胞分化促進作用が認められる。
  2. ショウガ抽出物は脂肪細胞分化にともない生活習慣病予防に関与するアディポネクチン、PPARγ、グルコース輸送担体4(Glut4)の遺伝子発現を上昇させる(図2)。
  3. ショウガ抽出物は脂肪細胞分化促進に関わるPPARγを活性化する。そこで、上記チアゾリジン誘導体と同じPPARγの活性化が脂肪細胞分化促進の作用機序であると考えられる。一方、PPARαやPPARδに対しては影響がない(図3)。
  4. ショウガの主要成分である6-ジンゲロールもPPARγを活性化する。6-ジンゲロールが加熱等で6-ショウガオールに変換されると活性が強くなる(図4)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は培養細胞を用いて得られた結果であるので基礎データとして活用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025533
カテゴリ しそ しょうが 輸送

この記事は