圃場抵抗性遺伝子Pi34はいもち病菌侵入後の菌糸伸展を抑制する

タイトル 圃場抵抗性遺伝子Pi34はいもち病菌侵入後の菌糸伸展を抑制する
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
研究課題名
研究期間 2007~2010
研究担当者 鬼頭英樹
善林 薫
小泉信三
中島敏彦
発行年度 2010
要約 圃場抵抗性遺伝子Pi34導入準同質遺伝子系統では、いもち病菌の表皮細胞への侵入率はPi34非保有品種と差がないが、葉鞘における菌糸伸展および葉身の病斑数・病斑面積率は減少する。これはPi34がいもち病菌の侵入後の菌糸伸展を抑制することを示す。
キーワード いもち病、圃場抵抗性、Pi34
背景・ねらい 持続的ないもち病抵抗性を持つイネ品種の育成のため、いもち病圃場抵抗性遺伝子Pi34を導入したコシヒカリ準同質遺伝子系統「中国IL1号」を用いて、これまで不明であったいもち病菌感染時におけるPi34の作用機作を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「コシヒカリ」、圃場抵抗性遺伝子Pi34をコシヒカリに導入した準同質遺伝子系統「中国IL1号」、2種の圃場抵抗性遺伝子Pi34Piq6(t)を持つイネ系統「中部32号」の3品種系統へ親和性いもち病菌株Kyu89-246を噴霧接種すると、接種4日後の葉身表皮細胞へのいもち病菌侵入率は有意差がない(図1)。
  2. いもち病菌株Kyu89-246を用いた葉鞘接種36時間後の「コシヒカリ」では菌糸の分岐と伸展が観察されたが、「中国IL1号」および「中部32号」では観察されない(図2)。
  3. いもち病菌株Kyu89-246を用いた噴霧接種4日後の接種葉における病斑数は「コシヒカリ」よりも「中国IL1号」で有意に少なく、「中部32号」ではさらに少ない(図3)。
  4. いもち病菌株Kyu89-246を用いた噴霧接種7日後および10日後の接種葉における病斑面積率は、「コシヒカリ」よりも「中国IL1号」で有意に低く、「中部32号」ではさらに低い(図4)。
  5. いもち病菌の侵入率に有意差がないにもかかわらず、葉鞘細胞におけるいもち病菌侵入後の菌糸伸展が抑制され、葉身における病斑数および病斑面積率が減少していることから、Pi34はいもち病菌が侵入した後の菌糸伸展を抑制している。
成果の活用面・留意点
  1. Pi34はいもち病菌侵入後の菌糸伸展を抑制する遺伝資源として育種利用が可能である。
  2. 本成果情報のデータは全て室内試験の結果である。
  3. 使用菌株・栽培条件によってイネが示す抵抗性の強さは変化することがある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025501
カテゴリ 育種 遺伝資源 いもち病 栽培条件 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種

この記事は