「べにふうき」緑茶中カテキン類の吸収性に及ぼす粉末茶平均粒子径の影響

タイトル 「べにふうき」緑茶中カテキン類の吸収性に及ぼす粉末茶平均粒子径の影響
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2009~2010
研究担当者 山本(前田)万里
物部真奈美
栗山進一
立花宏文
鮫島庸一
発行年度 2010
要約 「べにふうき」緑茶を平均粒子径2.9µmに粉砕して経口投与すると、19µmや76µmに粉砕した粉末茶に比べ、エステル型カテキン類の血液中薬物濃度時間曲線下面積(AUC)が2~3倍に上昇する。
キーワード 「べにふうき」緑茶、粉末、体内吸収性、エステル型カテキン類
背景・ねらい アレルギーは世界中で増加しており、今後、さらに食品成分による予防が必要になる疾病の一つである。「べにふうき」は、マスト細胞や好塩基球の活性化を強く抑制して抗アレルギー効果を発揮するメチル化カテキンを多く含む茶であり、エステル型カテキン類(エピガロカテキンガレート(EGCG)、エピカテキンガレート(ECG)、メチル化カテキン(EGCG3”Me))の体内吸収性の低いことが、十分な効果の上がらない一つの原因になっていることから、効率よく摂取する方法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 各群5匹のラットに異なる平均粒子径(2.9、19、76µm)の粉末茶125mgを2mlの蒸留水に分散させて強制経口投与し、同様に粉末茶(76µm径)125mgを2mlの熱水で10分間煮沸抽出した遠心分離上清(抽出液)を強制経口投与して、経時的に血中カテキン類含量を測定すると、2.9µm群及び抽出液と76µm群及び19µm群との間に比べて2~3倍のエステル型カテキン(EGCG、ECG 、EGCG3”Me)の血液中薬物濃度時間曲線下面積(AUC)を示す。遊離型カテキン類(EGC、EC)では、各群に差異は認められない(表1)。
  2. EGCG3”Meのピーク時吸収率では、2.9µm群、抽出液>76µm群、19µm群の順(図1A)となり、EGCGのピーク時吸収率では、2.9µm群>抽出液、76µm群、19µm群の順(図1B)である。EGCG3”Me吸収率-時間曲線下面積の平均値では、2.9µm群、抽出液と76µm群、19µm群の間で約3倍の違いが認められる。
成果の活用面・留意点
  1. これは、動物試験により得られた成果であり、ヒト試験を行ってさらに検討する必要がある。
  2. 抹茶の平均粒径は約20µm、家庭用コーヒーミルで粉砕した場合の緑茶粉末の平均粒径は約80µmである。
  3. エステル型カテキン類は、茶葉中では約2µm径の小液胞に存在するとされ、2.9µmに粉砕することで、容易に溶出し吸収率が上がると考えられる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025261
カテゴリ 抹茶

この記事は