トレハロースを用いたトレニア培養植物の長期維持方法

タイトル トレハロースを用いたトレニア培養植物の長期維持方法
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所
研究課題名
研究期間 2007~2010
研究担当者 山口博康
佐々木克友
四方雅仁
間竜太郎
大坪憲弘
発行年度 2010
要約 トレニアの培養植物の維持管理において、培地の糖をトレハロースにすることで、スクロースの場合の2倍以上の期間(最大2.5か月間)、植物体を健全な状態で維持できる。それにより、維持管理に掛かる時間・経費・労力の大幅な低減が可能となる。
キーワード 組織培養、炭素源、長期維持、トレニア、トレハロース
背景・ねらい 花きの多くは遺伝的に固定されていない。そのため、それらを材料に用いた遺伝子組換え花きでは、栄養繁殖による維持管理に多大な時間・経費・労力を必要としている。トレニアは非常に有用な花きのモデル植物であるが、作出した組換え植物の維持のため、従来のスクロースを炭素源とした培地では約25日おきに継代培養が必要であり、実験の拡大の制限要因となっている。トレハロースは植物ではイワヒバ、動物ではネムリユスリカなどで見られる、いわゆる「乾燥休眠」を担う糖としてのほか、動植物に様々な機能性を付与することが報告されている。植物の組織培養では、ファレノプシスにおいてプロトコーム状球体の増殖にトレハロースの添加が有効であることが示されているが、培養期間延長の効果に関する報告はない。そこで、トレハロースのトレニア培養植物の培養期間延長への効果を検討する。
成果の内容・特徴
  1. トレニアの培養に従来用いているスクロース(濃度3%)をトレハロース(濃度3%)に置き換えるだけの簡便な方法で、挿し芽によるトレニア培養植物の生存期間が2倍以上(最大2.5か月間)になり、継代培養の間隔を従来の2倍(60日)に延長できる(図1)。
成果の活用面・留意点
  1. これまでに、スクロースをトレハロースに置き換えた培地を用いることで、形質転換トレニア約1,800系統を1年間にわたって平均60日の継代間隔で維持しており、経費と労力の大幅な削減に成功している。
  2. 培養期間が延長することにより、再分化時期が異なるシュートを一斉に順化することが可能となり、形質転換植物作成にかかる作業も効率化できる(図2)。
  3. トレニアでは、スクロースの培地から、初めてトレハロースの培地に移植する時に、一部生育不良となる株が発生する場合がある。
  4. 食品添加物として市販されている低価格のトレハロース(「お米にトレハ(H+Bライフサイエンス)」、トレハロース含有率98%以上)で同等の効果が得られる。
  5. 他の植物種への適用においては、生育不良となる株の発生に留意し、予備試験を行ってから用いる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025238
カテゴリ 乾燥 機能性 トレニア 繁殖性改善

この記事は