トレニアにおける新規花形創出のための花器官特異的プロモーターの利用

タイトル トレニアにおける新規花形創出のための花器官特異的プロモーターの利用
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所
研究課題名
研究期間 2008~2010
研究担当者 佐々木克友
山口博康
鳴海貴子
四方雅仁
大島良美
中田 克
光田展隆
高木 優
大坪憲弘
発行年度 2010
要約 花器官特異的なAP1プロモータ-を用いてキメラリプレッサーを発現させることにより、組換え体の不開花や他の器官への影響を回避しつつ新規花形等を創出することができる。
キーワード トレニア、CRES-T法、キメラリプレッサー、AP1プロモーター、転写因子
背景・ねらい CRES-T法は、転写因子の機能を効率よく抑制する技法であると共に、花きに新しい形質を付与するのに有効な技法でもある。現在、キメラリプレッサーの発現には主に構成的な35Sプロモーターが利用されているが、一部のキメラリプレッサーでは、組換え体の花の不開花および他器官への影響が出るなど問題が見られる。そこで、花器官特異的なAP1プロモーターの利用により、花器官以外に影響を与えることなく花きに新しい形質をもたらすことが可能であるかトレニアを用いて検証する。
成果の内容・特徴
  1. 一部のキメラリプレッサーには、構成的プロモーターに連結して作出した組換え体で開花せずに葉の形質が変化する(図1;MYB24キメラリプレッサー)など、目的とする形質以外に影響を及ぼす等の問題が見られることがある。一方、AP1プロモーター(図2)の利用によって、花器官以外に影響を与えることなく開花させることが可能になる(図3)。
  2. 花器官特異的なAP1プロモーターを利用してMYB24キメラリプレッサーを発現させることにより、花弁が波打ち、部分的に突出した新規な花形が得られる(図3、図4)。
成果の活用面・留意点
  1. トレニアだけでなく、多くの花きに対して花器官形質の改変へ利用できる可能性がある。
  2. 多種類のキメラリプレッサーと花器官特異的プロモーターを組合せることによって、新たな有用形質付与・スクリーニングシステムが確立できる。
  3. 転写因子等でカルス形成やシュート形成に対して抑制活性があり、組換え体作出が困難な遺伝子に対して、機能の解析または花器官の形質改変等の利用に効果的である。
  4. 育種素材の他、転写因子の機能の解明に対して学術的に有用な情報や研究材料の提供が可能となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025236
カテゴリ 育種 トレニア

この記事は