メロンえそ斑点ウイルス粒子の媒介菌遊走子への吸着が媒介率を決定する

タイトル メロンえそ斑点ウイルス粒子の媒介菌遊走子への吸着が媒介率を決定する
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 2005~2010
研究担当者 大木健広
神田絢美
笹谷孝英
津田新哉
発行年度 2010
要約 Olpidium bornovanusは、rDNA-ITS配列から4つの遺伝子型に分けられる。メロンえそ斑点ウイルス千葉系統とスイカ系統は、それぞれ異なる遺伝子型のO. bornovanusによって高率に媒介され、この違いはウイルス粒子の遊走子表面への吸着量に起因している。
キーワード メロンえそ斑点ウイルス、O. bornovanus、吸着量
背景・ねらい メロンえそ斑点ウイルス(MNSV)は、カルモウイルス属に属する直径約30nmの球状ウイルスであり、大きく分けてメロンから分離される系統とスイカから分離される系統の2つが存在する。MNSVは、土壌生息菌であるOlpidium bornovanusの遊走子にウイルス粒子が吸着し媒介されることが明らかとなっているが、MNSVの系統とO. bornovanusの各分離株間における菌媒介率の違いは明らかではない。そこで、O. bornovanusのrDNA-ITS配列を解析し系統分類を試みるとともに、MNSV系統間の媒介率を比較し、その違いの要因を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. メロン、スイカ、キュウリ栽培圃場土壌から分離した計15分離株のO. bornovanusはrDNA-ITS配列の解析結果から、4つの遺伝子型(A~D)に分類される(図1)。
  2. O. bornovanusのウリ科植物に対する宿主親和性は、分離された圃場に関わらず、それぞれの遺伝子型に対応して異なる(表1)。
  3. メロンから分離したMNSV千葉系統(MNSV-Chi)はO. bornovanus Y1株(A型、メロン圃場分離株)によって、スイカから分離したスイカ系統(MNSV-W)はO. bornovanus NW1株(C型、スイカ圃場分離株)によって、高率に媒介される(表2)。
  4. 媒介率の高いMNSV系統とO. bornovanus分離株の組み合わせで、ウイルス吸着量が多い(図2A、B)。
  5. MNSV-ChiとMSNV-Wは異なる遺伝子型のO. bornovanusによって高率に媒介され、その媒介率の違いはウイルス粒子の遊走子表面への吸着量に起因している。
成果の活用面・留意点
  1. 本研究成果は、媒介菌によるウイルス媒介機構の一端を明らかにし、ウイルス粒子の遊走子への吸着を阻害する等、新たな防除技術開発のための情報となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025154
カテゴリ すいか 防除 メロン

この記事は