海上での中間育成によるマダラ種苗の健全性の向上

タイトル 海上での中間育成によるマダラ種苗の健全性の向上
担当機関 (独)水産総合研究センター
研究課題名
研究期間 2006~2010
研究担当者 友田 努
荒井大介
手塚信弘
堀田和夫
発行年度 2009
要約 健全なマダラ稚魚の種苗量産技術を開発するため、海上網生簀で明かりに蝟集する天然プランクトンのみを摂餌させた仔稚魚(以下、粗放的生産魚)と陸上水槽でアルテミア幼生・配合飼料を摂餌させた仔稚魚(以下、集約的生産魚)の質を比較した。その結果、粗放的生産魚は成長、飢餓耐性能および形態発育とも優れ、放流種苗として必要な健苗性を具備できる可能性が高いことが示唆された。
背景・ねらい 当センターでは、1985年からマダラの親魚養成と種苗生産に関する技術開発に取り組んできた。2003年以降は50~70万尾の種苗を陸上水槽で生産し、放流できる技術水準にまで達した。本種の種苗生産技術開発における残された課題として、成長・生残率の向上、健苗育成および低コスト・省力化が挙げられる。そこで、マダラ量産技術確立のためのさらなる知見収集を目的とし、海上網生簀での粗放的生産魚(網生簀中央の水面上部に60W電球1個を設置、昼夜点灯状態とし、明かりに蝟集する天然プランクトンのみを摂餌させた)と陸上水槽での集約的生産魚(60日齢までアルテミア幼生、60日齢以降は配合飼料主体に給餌)について成長、肥満度、無給餌生残指数(SAI)および形態異常出現率を調査し、放流種苗としての健苗性の比較を試みた(図1)。
成果の内容・特徴 粗放的生産魚は、全長とSAIがすべての日齢で有意に優れていた(表1)。また、集約的生産魚では粗放的生産魚よりも脊椎骨異常の出現率が有意に高かった(表2)。これらの結果は、粗放的生産魚が天然プランクトン(枝角目Cladoceraと橈脚亜綱Copepodaが全体の9割を占める)を摂餌することによって、成長・飢餓耐性能や形態発育が優れたものと推察された。一方、現状の陸上水槽での集約的生産では栄養条件あるいは環境条件に不備があると考えられた。本結果は、既存のアルテミア幼生―配合飼料の餌料系列で量産が可能となった魚種でも成長と健苗性向上の面において十分な余地があることを示している。
成果の活用面・留意点
  • 天然プランクトンを利用した海上網生簀での粗放的生産は、他の量産魚種においても健苗育成、低コスト・省力化を図る手法として活用できる。
  • さらなる栄養学的・行動学的研究により、生産種苗の健全性を検証する必要がある。
  • 収容密度を高め、生産の効率化を図るためには、天然プランクトンの他に補助的な飼餌料を給餌する生産手法、すなわち半粗放的生産手法を検討する必要がある。
  • 天然プランクトンと配合飼料の差異を究明し、配合飼料の質的向上を図る必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010025055
カテゴリ 低コスト省力化

この記事は