エンバクではフタテンチビヨコバイの加害によってワラビー萎縮症が発症する

タイトル エンバクではフタテンチビヨコバイの加害によってワラビー萎縮症が発症する
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 2008~2009
研究担当者 松倉啓一郎
松村正哉
発行年度 2009
要約 フタテンチビヨコバイに加害されたエンバクはワラビー萎縮症を発症し、草丈の伸長が著しく抑制される。オーチャドグラス、ソルガム、ローズグラス、ギニアグラス、スーダングラスではワラビー萎縮症は発症しない。
キーワード フタテンチビヨコバイ、ワラビー萎縮症、エンバク、飼料作物、生育障害
背景・ねらい ワラビー萎縮症は、フタテンチビヨコバイの加害によって葉脈がコブ状に隆起し草丈の伸長が著しく抑制される生育障害で、近年は九州中部の飼料用夏播きトウモロコシにおける減収要因の一つとなっている。フタテンチビヨコバイはイネやコムギにもワラビー萎縮症を引き起こすことが知られており、地球温暖化の進行による虫の分布地域の拡大や飼料作物栽培体系の変化等に伴って、トウモロコシ以外の夏播き飼料用作物でも新たにワラビー萎縮症の被害が発生する可能性がある。そこで、夏播き飼料用作物6種にフタテンチビヨコバイを加害させる試験を行い、トウモロコシ以外の飼料用作物についてもワラビー萎縮症の発症リスクを明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. フタテンチビヨコバイに加害されたエンバクは、ワラビー萎縮症(葉脈が隆起し草丈伸長が著しく抑制される症状)を発症する(図1、図2)。
  2. オーチャドグラスとローズグラスでは、草丈の伸長は抑制されるが(図1)、葉脈隆起は生じない。
  3. ギニアグラス、スーダングラス、ソルガムでは草丈の伸長抑制(図1)も葉脈隆起も認められない。
  4. エンバクの主要品種には、ワラビー萎縮症の発症程度に品種間差は認められない(図3)。
  5. フタテンチビヨコバイはオーチャドグラス、エンバク、スーダングラス、ソルガム上では成虫(データ略)・幼虫(図4)とも高い生存率を示すが、ギニアグラスとローズグラス上での生存率は低い。
成果の活用面・留意点
  1. フタテンチビヨコバイ分布地域での飼料用夏播き作物選定の際の基礎資料となる。
  2. 本成果は全て室内実験の結果に基づくものであり、圃場レベルでの被害発生の有無は別途検証する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024696
カテゴリ 栽培体系 飼料作物 飼料用作物 ソルガム とうもろこし 品種

この記事は