北海道十勝地方における不耕作地の分布と土壌化学性

タイトル 北海道十勝地方における不耕作地の分布と土壌化学性
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 2008~2009
研究担当者 小林創平
高橋宙之
仁平恒夫
信濃卓郎
発行年度 2009
要約 十勝地方では、耕作放棄地を含む不耕作地の8割以上が、平野部周辺の丘陵地帯や中山間地に位置し、放棄前の利用形態は牧草地である。土壌化学性は、圃場間で変動しており、特に有効態リン酸の少ない圃場が多く含まれる。
キーワード 不耕作地、耕作放棄地、十勝地方、土壌化学性、資源作物
背景・ねらい 2005年の農林業センサスでは、日本の耕作放棄地(耕作の予定のない農地)の総面積が38.6万ha(全耕地面積の約9.7%)に達しており、その解消が急務の課題となっている。一方、資源作物の生産は、食料生産との競合を避けるために、耕作放棄地等を利用することが期待されている。耕作放棄地の解消や資源作物の導入のためには、該当地の実態と特徴を把握する必要がある。そこで、資源作物の導入が想定される十勝地方において、耕作放棄地を含む不耕作地(耕作した形跡のある未利用の土地)を検索し、その分布、立地、現植生及び土壌化学性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 2008年に十勝地方において不耕作地(計313筆)を目視により確認したところ、その約9割は、平野部周辺と海岸付近の丘陵地帯や中山間地に位置する(図)。また、約8割は、放棄前の利用形態が牧草地であり、調査時点で多年生雑草(牧草種、ギシギシ、ヨシ等)やササ類が繁茂する(表1)。
  2. 十勝地方の7つの自治体から得られた耕作放棄地(計23筆)の情報をもとに、関係者から聞取り調査したところ、その半数(12筆)は開拓→畑地(水田)→草地→耕作放棄の変遷を経ている。さらに土壌調査した結果、土壌化学性の平均値は、一般的な畑地土壌の値や土壌診断基準値と比べて劣らない(表2)。しかし、分析値は圃場間で大きく変動しており、約4割(10筆)の圃場は、特に有効態リン酸量が基準値に満たない(平均3.3mg 100g-1)。
成果の活用面・留意点
  1. 不耕作地や耕作放棄地の解消、及び、資源作物の栽培試験、導入に向けた基礎資料となる。
  2. 耕作放棄地には土壌化学性の劣悪な圃場が含まれるため、利用前には土壌診断を実施した上で、適切な肥培管理が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024595
カテゴリ 雑草 水田 中山間地域 土壌診断 肥培管理

この記事は