ソルガム一代雑種親細胞質雄性不稔系統「JNK-MS-6A」および維持系統「JNK-MS-6B」

タイトル ソルガム一代雑種親細胞質雄性不稔系統「JNK-MS-6A」および維持系統「JNK-MS-6B」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 1989~2009
研究担当者 高井智之
我有 満
山下 浩
桂 真昭
松岡秀道
後藤和美
清沢敦志
宮坂幸弘
海内裕和
春日重光
萩原秀雄
原 拓夫
発行年度 2009
要約 ソルガムの細胞質雄性不稔系統「JNK-MS-6A」および維持系統「JNK-MS-6B」は、早生で高消化性遺伝子bmr-18を持つ子実型ソルガムで、一代雑種品種「九州交3号」の種子親系統として利用できる。
キーワード ソルガム、細胞質雄性不稔系統、維持系統、高消化性、bmr-18
背景・ねらい ソルガムの栽培品種は、細胞質雄性不稔系統を種子親とし、自殖系統を花粉親とする一代雑種が主流である。細胞質雄性不稔系統は花粉稔性が無いために種子増殖には維持系統が必要である。ソルガムでは、高消化性遺伝子を利用することで品質(消化性・採食性)の改善が可能である。そこで、一代雑種で高い能力を発揮することができ、種子親として利用できる高消化性遺伝子を持つ細胞質雄性不稔系統および維持系統を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「JNK-MS-6B」は、極晩生品種「天高」の種子親である「I.S.2830B」に高消化性遺伝子bmr-18を持つ「那系MS3B」を交配して育成した維持系統である。「JNK-MS-6A」は「I.S.2830A」に「JNK-MS-6B」を連続戻し交配して育成した細胞質雄性不稔系統である(写真1、表1)。
  2. 葉身の中肋色は褐色でbmr-18遺伝子を持つ(表1)。
  3. 早晩性は早生に属する(表1)。稈長は約80cmの短稈で、稈径は20mmとやや太く、茎は汁性である(表1)。
  4. 隔離栽培における細胞質雄性不稔系統および維持系統の採種量は、それぞれ、19.4および36.5kg/a 程度である(表1)。
  5. すす紋病抵抗性は「強」であり、紫斑点病は「弱」である(表2)。
  6. 本系統を種子親とする一代雑種「九州交3号」は、晩生で、乾物収量は「SSR4」比107%とやや多収である。高消化性遺伝子を持ち、bmr-6標準品種「SSR4」よりリグニン含量が低く、推定TDN含量は「SSR4」と同程度である(表3、写真1)。
成果の活用面・留意点
  1. 一代雑種「九州交3号」の種子親として利用できる。
  2. 高消化性遺伝子bmr-18を有する種子親系統として利用できる。
  3. 紫斑点病は「弱」なので、紫斑点病が多発する地帯では採種栽培を避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024454
カテゴリ ソルガム 抵抗性 品種

この記事は