全面水耕栽培での低棟ハウスの形状と棟高がハウス内気温とネギの生育に及ぼす影響

タイトル 全面水耕栽培での低棟ハウスの形状と棟高がハウス内気温とネギの生育に及ぼす影響
担当機関 広島県立総合技術研究所
研究課題名
研究期間 2007~2008
研究担当者 越智資泰
畔柳武司
長崎裕司
今井俊治
発行年度 2008
要約 水耕ネギ栽培において、施設内全面を水耕栽培ベッドとした棟高の低いハウス(以下、低棟ハウス)は、形状が片屋根型、棟高が2mの場合、慣行の棟高3.8mのアーチ型ハウスに比べて、盛夏季のハウス内気温、培養液温度が低く、ネギの生育が優れる傾向である。
キーワード ネギ、水耕、低棟ハウス、棟高、形状
背景・ねらい 現状の慣行アーチ型ハウスと高設栽培ベッドを用いたネギの水耕栽培施設は、施設費が高い。そこで、これまでに開発した水耕ネギの定植・収穫作業を栽培ベッドの片端のみで行える軽労化システム(平成19年度近畿中国四国農業研究成果情報)を活かし、ハウス棟高を大幅に低くすることによる施設費の削減と、通路をなくした施設内全面栽培ベッドによる増収を目指した新たな水耕栽培施設と作業システムを開発中である(図1上)。本研究では、低棟ハウスの形状と棟高が、盛夏季のハウス内気温とネギの生育に及ぼす影響について明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 盛夏季のハウス内気温(栽培ベッドの定植パネル上70cm)は、慣行に比べて、低棟ハウスの片屋根型2mとM字型2m(図1下)が低く推移する(図2)。M字型1.5mは同等、片屋根型1.5mは高く推移する。
  2. 培養液温度は、慣行に比べて、低棟ハウスのいずれも低く推移する(図3)。低棟ハウスの中では、片屋根型2mとM字型2m、M字型1.5mが片屋根型1.5mよりも低く推移する。
  3. ネギの生育は、最長葉長、生体重、葉鞘径については、低棟ハウスのいずれも慣行に比べて優れる(表1)。
  4. 片屋根型2mとM字型2mでは、最長葉長、生体重、葉鞘径のいずれも大差ないため(表1)、ハウスの施工の容易さを考慮すると、ハウスの形状として片屋根型2mが適している。
  5. 低棟ハウスの資材費は、作業ピットを含めて10aあたり300万円である。
成果の活用面・留意点
  1. 作業は、低棟ハウスの片端の、地面から掘り下げたピットで行う(図1上)。ピットの深さは、定植パネルの高さが、生産者の肘の高さ×0.9となるように設定する。
  2. 低棟ハウスは、建設足場用資材の48.6mmのパイプとクランプを主な部材に用いて作成する。被覆資材は0.1mmのPOフィルムを用いる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024425
カテゴリ 軽労化 栽培技術 水耕栽培 ねぎ

この記事は