乳牛におけるイネホールクロップサイレージの可消化養分総量と粗飼料価指数

タイトル 乳牛におけるイネホールクロップサイレージの可消化養分総量と粗飼料価指数
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所
研究課題名
研究期間 2004~2008
研究担当者 樋口浩二
田鎖直澄
野中最子
田島 清
藪元悠介
都丸友久
大谷文博
小林洋介
石川哲也
栗原光規
永西 修
発行年度 2009
要約 各種イネホールクロップサイレージを乳牛に給与した場合の可消化養分総量は47~55%、粗飼料価指数は56~95(分/kg乾物)である。これらは代表的な輸入粗飼料であるチモシー乾草と同程度である。
キーワード イネホールクロップサイレージ、乳牛、可消化養分総量、粗飼料価指数
背景・ねらい イネホールクロップサイレージは穀実とケイ酸含量が高く難消化性の茎葉からなり、他の牧草・飼料作物とは異なる栄養特性を有している。そこで、イネホールクロップサイレージの繊維および非繊維性炭水化物の利用特性、可消化養分総量(TDN)ならびに総咀嚼時間(粗飼料価指数、RVI)を、他の粗飼料資源との比較により明確にする。
成果の内容・特徴
  1. 乾乳牛のべ45頭(体重631±57kg)(平均値±標準偏差)に維持量程度のイネホールクロップサイレージを給与する消化試験を実施し咀嚼時間を測定した結果である。その際、熟期、品種、収穫機械等の条件が異なるイネホールクロップサイレージを供試し、トウモロコシサイレージ(ナスホマレ、黄熟期刈取、切断長9mm)およびチモシー乾草(輸入、出穂後期から開花期のもの、切断長2~3cm)を対照としている。なお、給与飼料の粗タンパク質含量は12%程度になるよう大豆粕あるいは尿素を添加している。
  2. トウモロコシサイレージは可消化中性デタージェント繊維(NDF)および可消化非繊維性炭水化物(NFC)含量に富み、TDN含量は70%程度と高い栄養価を示す。輸入チモシー乾草のTDN含量は55%程度で、可消化NDFで大部分構成される。一方、イネホールクロップサイレージのTDN含量は47~55%の範囲である(図1)。
  3. イネの登熟に従い可消化NDF含量は減少、可消化NFC含量は増加する。イネの可消化NFC含量が高いとTDN含量も高くなる傾向を示す。一方、クサホナミのような可消化NDF含量の高い高TDN品種もある(図1)。
  4. イネホールクロップサイレージのRVIは56~95(分/kg乾物摂取量)の範囲であり、平均値(76)はチモシー乾草とほぼ同程度である(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. RVIを加味したイネホールクロップサイレージの飼料設計の参考になる。
  2. 本結果は、乾乳牛に維持量程度のイネホールクロップサーレージを給与して得られた成果であるため、生産水準の給与を行う場合にはTDNの低下が見込まれる点に留意する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024414
カテゴリ 収穫機 飼料設計 飼料作物 大豆粕 トウモロコシサイレージ なす 乳牛 品種

この記事は