カーネーション短期栽培の定植時期と施設別開花時期

タイトル カーネーション短期栽培の定植時期と施設別開花時期
担当機関 宮城県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1990~1991
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 最低10度Cに管理した施設での1回摘心の短期栽培において、開花盛期までの
      所用日数は、生育期が高温期に向かう場合は短くなり、低温期に向かう場合は長くなる
      規則的な変化がある。切花期間も定植時期により規則的に変化する
      (表1)。
    2. シム系の「ノラ」、地中海系の「タンガ」は開花の早晩がほほ等しいが、
      7~9月定植ではタンガの開花が早い。
    3. 無加温施設でも開花の推移について同様の傾向がある。低温により障害を受けるため
      7~9月定植、12~5月切りの作型は難しい(表2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    定植時期、施設別に開花時期、圃場占有期間が予測でき、需要に合わせた栽培、施設の有効利用が可能になる。
  3. 適用の範囲
    東北南部太平洋沿岸地帯
  4. 普及指導上の留意点
    1. 育苗は挿し芽20~25日後に仮植し、仮植15日後に摘心して、摘心15日後に定植する。
    2. 無加温施設は冬期間二重カーテンを付設し、保温に努める。
    3. 最高気温は25度Cを目安に管理し、夏期高温期はできるだけ通風を図って高温を
      回避する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024199
カテゴリ 育苗 カーネーション 栽培技術

この記事は