宿根カスミソウの秋冬どり作型

タイトル 宿根カスミソウの秋冬どり作型
担当機関 岩手県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1987~1990
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 秋冬どり作型の定植時期、収穫期
    2. マルチ効果とマルチ資材
      マルチにより土壌水分が保持され、初期生育が勝り、収量が増加する。
      マルチ資材は地温の上昇を抑制する白黒ダブルマルチとする
      (表1)。
    3. 電照効果と方法
      秋冬どり作型では、電照により品質、収量が向上する。
      電照方法は間欠照明とし、電照期間は8月中旬から開始し、抽台始めまでとする。
  2. 技術・情報の適用効果
    高冷地と暖地との端境期で価格の高い10~12月出荷が可能となる。
  3. 適用の範囲
    岩手県中南部沿岸
  4. 普及指導上の留意点
    1. 品種はブリストルフェアリーを用い、さし芽苗利用とする。
    2. 定植後、草丈が20~30cmになって側芽が発生するまで灌水を励行する。
    3. この作型はハウス無加温栽培であるが、夏季は定植後、雨よけ状態とし、
      高温障害花軽減のため十分換気を図り、温度低下に努め、30度C以下とする。
      サイドビニールによる保温は夜温が12度C以下になったら行う。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024198
カテゴリ 高温対策 栽培技術 出荷調整 宿根かすみそう 品種

この記事は