春作、秋作葉茎菜類の機械移植における育苗法

タイトル 春作、秋作葉茎菜類の機械移植における育苗法
担当機関 山形県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1989~1991
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    ※I社システム育苗、移植機(機種:PV100)限定
    1. 育苗ポット規格としては、I社連結ポット10-10-40が適する。
    2. 育苗用土にゲルソイルを5%混和することにより初期生育がよくなる。
    3. 秋作野菜はI社システム育苗法で育苗日数を20日とする。
      (キャベツ、ブロッコリー、レタス)
    4. 秋作野菜のは種期は、7月25日以前に行うことで生産安定する。
      (キャベツ、ブロッコリー)
    5. 砕土率は80%以上とする(平成元年)
    6. 移植機のほ場作業量は4.42a/hrで、人力の8.8倍の能率である。
    表1 育苗ポット規格、育苗ポット規格及び用土
    表2 は種期及び育苗期間
    表3 移植機作業精度、作業能率
  2. 技術・情報の適用効果
    1. は種作業時間の短縮及び合理化
    2. 育苗期間の短縮、育苗の省力化
    3. 定植作業時間の短縮及び作業の省力化
    4. 灌水作業の省力
    5. 年2作体系における後作作業の省力化
  3. 適用の範囲
    県内中山間地
  4. 普及指導上の留意点
    1. 春作レタスはI社システム育苗法で育苗日数を30日とする
    2. 畦作りやマルチは、丁寧に行う

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024189
カテゴリ 育苗 キャベツ 栽培技術 省力化 中山間地域 春作 ブロッコリー レタス

この記事は