軟白チコリーの根株養成と促成技術

タイトル 軟白チコリーの根株養成と促成技術
担当機関 青森県畑作園芸試験場
研究課題名
研究期間 1988~1991
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 品種は晩抽性の「ベアー」、「フラッシュ」、「ズーム」、「ポルシェ」等が
      適する(表1)。
    2. 青森県における播種時期は6月上旬~下旬である(表2)。
    3. 栽植密度は、畔幅100cm、2条植え、株間20cmのa当たり1,000株程度とする。
    4. 施肥は、稲わら堆肥をa当たり200Kg、苦土石灰を土壌pH6.5矯正量施用し、a当たり
      窒素、加里各1Kg未満、りん酸2Kg程度を全量基肥で施用する(表3)。
    5. 根株の掘取り適期は10月下旬~11月上旬である。掘取り後は地上部を3cm程度
      付け、根長を20cm程度に切り揃えて調整する。促成には調整重100~350gのもの
      を用いる。
    6. 促成栽培に先立ち、チコンの生育を促し品質を揃えるために、冷暗所(3度C
      程度)で1~2週間の低温処理を行う(表4)。
    7. 出荷調整のために根株を長期貯蔵する場合は、冷蔵庫(0~2度C)で貯蔵する。
      2ヵ月以上の長期貯蔵では、チコンの上物率が低下する(表5)。
    8. 伏込み床は下図のとおり準備する。
    9. 根株の伏込み本数は1平方m当たり125本程度とする。
    10. 伏込み床の温度は芽の位置で15度Cとし、伏込み後25日程度で収穫する。
    11. 伏込み床の被覆資材は遮光、遮熱、保温及び保湿を兼ねた銀白ポリと保温
      マットの併用が適する。
  2. 技術・情報の適用効果
    根株養成では比較的広大な土地を利用するので、輪作体系の1作物として
    導入できる。また、冬期間の換金作物として、簡易施設の有効利用が図れる。
    さらに、無農薬に近い状態での栽培ができ、付加価値を高めた有利販売が
    可能になる。
  3. 適用の範囲
    北東北全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 高温乾燥による発芽不良に注意し、天候や土壌水分状態に注意して播種
      する。
    2. 病害虫防除は特に必要としない。
    3. 伏込み床の温度が15度Cを越えると腐敗が増加するので、温度管理に
      注意する。
    4. 籾がらを軟化資材に使用するため、ねずみの食害に注意する。

カテゴリ 温度管理 乾燥 出荷調整 施肥 チコリ 長期保存・貯蔵 農薬 播種 発芽不良 品種 病害虫防除 輪作体系