春まきダイコン、ニンジンの不織布トンネル栽培法

タイトル 春まきダイコン、ニンジンの不織布トンネル栽培法
担当機関 青森県農業試験場
研究課題名
研究期間 1989~1991
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. トンネルに使用する不織布は、耐久性の優れた割繊維不織布(タフベル)を用いる。
      また、生育初期には長繊維不織布のべたがけを併用する(表1、表2)。
    2. ダイコンは、ヒゲ根防止のため透明ポリマルチを行なう。播種は、3月20日頃(平均
      気温5度C前後)から可能である。また、播種後30日程度で不織布トンネルを
      除去すると、根部の肥大が良く、収穫が早まる(表1、表2)。
    3. ニンジンは、欠株の発生を軽減するため、無マルチとする。播種は、3月上旬(平均
      気温3度C前後)から可能である。不織布トンネルは5月中旬(平均気温15度C
      前後)に除去すると、根部の肥大が良く、収穫は7月上旬と早まる(表3、表4、表5)。
  2. 技術・情報の適用効果
    早春まきダイコン、ニンジンの生産安定と、作業の省力化により労働力の軽減が
    図られる。
  3. 適用の範囲
    北東北全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 換気作業は必要なく、その他の栽培管理は、慣行トンネル栽培に準ずる。
    2. 青森県屏風山砂丘畑での成果であるので、他の地域では気象、環境条件等を
      考慮する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024172
カテゴリ 栽培技術 省力化 だいこん にんじん 播種

この記事は