リンゴ搾汁乾燥粕の豚における栄養値

タイトル リンゴ搾汁乾燥粕の豚における栄養値
担当機関 山形県立養豚試験場
研究課題名
研究期間 1990~1990
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. リンゴ搾汁乾燥粕の成分的特徴として、粗蛋白質がやや少なく、粗脂肪が比較的
      多く、粗繊維は多い(表1)。
    2. 粗蛋白質は、見掛け上、豚の発育ステージに関係なく消化
      されない(表2)。
    3. 栄養価には豚の成長に伴う向上が認められ、エネルギー及び繊維源飼料として
      活用できる(表3)。
    4. リンゴ搾汁乾燥粕の栄養価"DCP 0、TDN 40.8%"は、原材料の可消化粗たん白質
      および可消化養分総量の暫定値として承認された(平成3年9月)。
  2. 技術・情報の適用効果
    リンゴ搾汁乾燥粕の栄養成分的特徴を生かすことにより、資源の有効利用と
    効率的な飼料配合設計が可能となる。
  3. 適用の範囲
    東北一円
  4. 普及指導上の留意点
    1. 暫定値承認時の飼料名は「りんごジュースかす」、対象畜種は「豚」である。
    2. 加工向けリンゴの収穫期によって、成分組成が多少異なることが推測される。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024132
カテゴリ 加工 乾燥 りんご

この記事は