米麦用循環型乾燥機の改良による大豆乾燥法

タイトル 米麦用循環型乾燥機の改良による大豆乾燥法
担当機関 山形県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1989~1991
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 「圧送吸引タイプの縦型米麦用循環型乾燥機」は、次の改良点と乾燥技術
      により大豆乾燥が可能である。
    2. 改良点
      1. 大豆の損傷を防ぐために、減速モータを装着して搬送部各軸の回転数を50%
        程度減速する。既存のモータは送風機のみに使用する。
      2. 昇降機のバケットは、上部における子実放出距離を増すために、浅底の
        プラスチック容器に交換する。この対応をしないと、減速されているため
        張込・循環・排出時に放出されず、昇降機内に戻り詰まってしまう。
    3. 乾燥技術
      1. 送風温度は25度C、毎時乾減率は0.6%程度にして「しわ粒」の発生を抑える。
      2. 損傷粒の発生を抑えるために、乾燥中は循環しない。途中、子実水分が
        17~16%になった時、半分循環して上下の入替えを行う。
      3. 乾燥終了時点で、上下に少し水分差がみられるが、2日程度の経過で均一化
        し、その間0.5%程度余熱乾燥する。
      図1 子実水分の推移
      表1 品質の変化
      表2 乾燥終了後の水分変化
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 大豆用改良に要する費用は、1t型が4万円、3t型が7万円程度であり、同一の
      乾燥機で、水稲・麦類・大豆の乾燥が可能になる。
    2. 大豆作付け面積の大きい農家において、効率的に個別乾燥できる。
  3. 適用の範囲
    1. 「圧送吸引タイプの縦型米麦用循環型乾燥機」において改良可能
    2. 県下全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 吸引タイプの乾燥機には適用できない。
    2. 乾燥開始時の子実水分は20%以内とし、高水分の大粒が混入する大豆は避ける。
    3. 乾燥機の均分機は、張込時に損傷を招くので使用せずに手で均らす。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024108
カテゴリ 乾燥 しわ粒 大豆

この記事は