根域土壌窒素量とカーネーションの生育反応

タイトル 根域土壌窒素量とカーネーションの生育反応
担当機関 秋田農試環境部土壌保全担当
研究課題名
研究期間 1991~1993
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 施設花き床土の養分状態は、床土の深さ40cmまでカラム状に一定量を採取
      することで十分に把握できる。この方法で採取した床土の結果を花1株当た
      りの根域土壌中の養分量として表示した。
    2. 短期切りカーネーションの生育期間中の、根域土壌中の無機態窒素量は
      0~5g/株の範囲内にあったが、カーネーションの生育量は窒素量が多く
      なるにつれて減少する傾向にあった。
    3. 施設カーネーションに対する窒素の施肥量は、根域土壌窒素量が1g/株程度
      あれば、抑制することが望ましい。なお、この1g/株はa当たり5kgの窒素量
      に相当し、電気伝導度で表すと、深さ40cmまで均一に床土を採取した場合
      、0.4ms/cm程度になる。
      表1 無機態窒素の層位別存在比率
      図1 根域土壌窒素量と切花重
      図2 電気伝導度と土壌無機態窒素量の関係
  2. 技術・情報の適用効果
    施肥量を抑制することによって、肥料の節減、環境保全に対し有効であると
    ともに切花の品質向上が期待できる。
  3. 適用の範囲
    床土採取法は県内一円、施肥量節減は施設カーネーション。
  4. 普及指導上の留意点
    従来の電気伝導度による施肥量決定の際に、下層土の測定値も考慮に入れる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024095
カテゴリ カーネーション 施肥

この記事は