はとむぎ新品種「はとむすめ」

タイトル はとむぎ新品種「はとむすめ」
担当機関 東北農業試験場作物開発部資源作物育種研究室
研究課題名
研究期間 1983~1991
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    「はとむすめ」は「岡山在来」の早生・短稈・離脱粒化を目標に昭和55年に
    農業技術研究所放射線育種場に依頼して、「岡山在来」の種子にγ線20kRを
    照射し、以後東北農業試験場において選抜・固定を進めてきたものである。
    平成4年度より大分県で栽培が奨励される。
    1. 本品種は「岡山在来」に比べ、成熟期が約2~3週間早い中生種で、草丈が約50cm
      低い。茎数やや多く、稈径がやや細いが、倒伏も少なく、葉枯れ病の発病程度も
      「岡山在来」並かやや少ない。うるち粒率は低い。百粒重がやや軽いが、子実歩留
      はやや高い。殻実収量は普及の見込まれる大分県で「岡山在来」より多収である。
    2. 脂質含量、脂肪酸組成、蛋白含量、灰分含量は「岡山在来」とほぼ同じであり、品質
      は類似している、平成4年7月はとむぎ農林1号として農林登録された
      (表1)。
  2. 技術・情報の適用効果
    これまでの栽培品種「岡山在来」は草丈が高く、追肥や防除などの栽培管理、
    収穫が容易ではなかった。新品種「はとむすめ」は約2~3週間早生で草丈は
    低く、栽培管理や収穫作業が「岡山在来」より容易になることから、はとむぎ
    栽培振興に寄与すると期待される。
  3. 適用の範囲
    東北南部の平坦地、関東以西の温暖地、暖地
  4. 普及指導上の留意点
    1. 脱粒性は在来種並であるので収穫時期に注意し、刈り遅れないこと。
    2. 栽培管理は「岡山在来」に準ずる。
    3. 晩植の収量は他の品種と同様低収となるので適期播種、移植に努める。
    4. 暖地の乾田直播栽培では、夏期の高温、乾燥により上位葉の先端や殻実が枯死、
      白化することがあるので留意する。
    5. はとむぎは他花受精し易く、ジュズダマ、はとむぎの他品種とも容易に交雑する。
      品種の特性を維持するために、採種栽培においては、ジュズダマ、他のはとむぎ品種
      から隔離して栽培する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024078
カテゴリ 育種 乾燥 乾田直播 栽培技術 新品種 播種 はと麦 品種 防除

この記事は