カーネーションの夏秋切り短期栽培における好適さし芽時期と仕立て本数

タイトル カーネーションの夏秋切り短期栽培における好適さし芽時期と仕立て本数
担当機関 秋田県農業試験場
研究課題名
研究期間 1990~1992
研究担当者
発行年度 1990
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 9月切り作型のさし芽適期は、タンガ、パラスが4月上旬、伊豆ピンク、ミルナが
      4月上・中旬、レナ・スーパー、ライラックが3月下旬~4月上旬である。
    2. 10月切り作型のさし芽適期は、タンガ、パラス、レナ・スーパーが4月上・中旬、
      伊豆ピンク、ミルナ、が4月中・下旬、ライラックが4月上旬である。
    3. 株当たり仕立て本数は、切花品質からみて全般に3本仕立てがよかったが、タンガ、
      レナ・スーパーについては4本仕立てでもよい。
    表1 採花状況及び切花形質
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 採花期は、3月さし芽が8月上旬~9月上旬、4月さし芽9月中旬~12月下旬、5月
      さし芽10月中旬~12月下旬以降であった。仕立て本数別では、4本仕立てが
      3本仕立てより遅れる傾向がみられた。
    2. 採花率は、さし芽時期が遅れるほど低下し、また、4本仕立てが3本仕立てより
      低くなる傾向を示した。
    3. 採花本数(実面積平方メートル当り)は、全般に4本仕立てで多くなったが、タンガ、
      パラス、伊豆ピンク、レナ・スーパーでは、仕立て本数の違いによる差は小さかった。
    4. 切花品質は、全般に3本仕立てが勝った。しかし、タンガにおいては、4本仕立てで
      切花長の大きい個体が多く、切花品質的に3本仕立てのものと大差はなかった。
  3. 適用の範囲
    県内全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 良質苗を使用し、生育・開花揃いを良くする。
    2. 栽植密度は平方メートル当たり50株程度とする。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010024011
カテゴリ カーネーション なす

この記事は