噴頭回転式広幅散布機による湛直大粒種子散播法

タイトル 噴頭回転式広幅散布機による湛直大粒種子散播法
担当機関 東北農業試験場
研究課題名
研究期間 1986~1990
研究担当者
発行年度 1990
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 稲作の超省力・低コスト化を図るための湛水直播広幅散播作業法である。
    2. この方法は、乗用型田植機の車体に噴頭回転式散布機を搭載し、圃場内を走行しながら
      噴頭を左右に回転して大粒化コーテング種子等を広範囲に散播を行うものである
      (図1)。
    3. 種子1に対しコーテング資材3の4倍重種子による大粒種子散播は、散布むらが少なく
      25mの散布幅が確保でき、播種深度4mmでは苗立ち率約71%である
      (図2)。
    4. 噴頭回転式散布機は残量センサが装備されており、運転席で吐出量のチェックが
      可能である。
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 4倍重種子を用いた1ha圃場の試験結果から、播種作業能率は毎時2.32ha、全刈り収量
      600Kg/10a以上(表1、
      表2)が得られて、航空直播に近い高作業能率で
      かつ移植並の収量を達成する直播作業法であり、稲作の超省力・低コスト化を図る
      作業法として期待できる。
    2. 播種以外に粒状の除草剤、農薬、肥料の散布が可能であり、低コスト直播機械化作業
      体系の確立が図られる。
  3. 適用の範囲
    湛水直播栽培が可能な地帯
  4. 普及指導上の留意点
    1. 散布幅は、圃場幅(短辺)に応じて噴頭の回転角度で調節する。
    2. 作業は風の少ない時(風速2~3m以内)に行い、播種は代かき後2日以内に落水後
      速やかに行う。
    3. 3、4倍重種子は通常のカルパーコーテングマシーンで造粒できる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023931
カテゴリ 機械化 直播栽培 除草剤 超省力 低コスト 農薬 播種

この記事は